◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇vol.241-2014.06.26
      
   ☆☆☆ Weekly Accounting Journal ☆☆☆

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
こんにちは、エキスパーツリンク/エキスパーツ税理士法人の紺野です。日本
の会計基準は、今、IFRSで揺れ動いています。一方で税制も改正されており、
上場会社及び上場準備会社の決算・経理実務は今後も引き続き、目まぐるしく
変化していきます。これらのエッセンスを、上場会社及び上場準備会社の経理
担当者の皆さん向けに、出来る限り分かりやすくお伝えします。仕事の合間に
軽くどうぞ!

文中意見にわたる部分は僕の私見にもとづきます。このメールマガジンの情報
をもとに実務に適用される場合には、監査法人さんや顧問税理士さん等にご確
認ください。もちろん、エキスパーツリンク/エキスパーツ税理士法人でもま
ずは無料で検討させていただきます。

********************************************************************
【上場会社・上場準備会社グループ経営支援】
エキスパーツリンク/エキスパーツ税理士法人は「監査人ではない」会計・
税務専門家として、会社側の視点にたった各種支援を行っています。

◎監査人ではない会計・税務専門家に相談したい等
→経営企画・CFO支援
http://www.expertslink.jp/managementsupport/advice/

◎決算・開示・税務業務の一部を専門家に外注したい等
→決算・開示サポート
http://www.expertslink.jp/managementsupport/finalaccounts/

◎担当者の実力の底上げを図りたい等
→社内勉強会・研修会
http://www.expertslink.jp/managementsupport/study/

◎問題の多い子会社を監査して適切な財務諸表を作り上げて欲しい等
→任意監査
http://www.expertslink.jp/managementsupport/audit/

◎税務顧問の変更をお考えなら
→エキスパーツ税理士法人
http://expertslink-tax.jp/

ご意見、ご質問はこちらまで
info@expertslink.jp

********************************************************************

◆◇今週のCONTENTS◆◇
1.[最新J-GAAP]繰延税金資産の回収可能性
2.[ディスクローズ]企業内容開示内閣府令等改正案
3.[税務]骨太の方針の概略は見ておきましょう
4.[税務]横浜みどり税
5.[税務]パチンコ税
6.[税務]問題152
7.[編集後記]

===================================
1.[最新J-GAAP]繰延税金資産の回収可能性
===================================
ASBJは、監査委員会報告第66号「繰延税金資産の回収可能性の判断に関する
監査上の取扱い」の論点検討を開始したようです。週刊経営財務6月23日号
に記載されています。

(1)例示区分自体を廃止する
(2)新たな区分を設定する
(3)現行例示区分をそのまま利用、将来の合理的な見積可能期間を見直す

ということのようです。

しかし、この委員会報告が変わったとたん、「繰延税金資産の回収可能性が出
てきましたあ!」なんていう実務になってしまうような気がしますが、いいん
でしょうか。もともと例示区分なんてないほうがいいのかもしれませんね。

===================================
2.[ディスクローズ]企業内容開示内閣府令等改正案
===================================
平成26年6月25日、金融庁は、「企業内容等の開示に関する内閣府令等の一部
を改正する内閣府令(案)」等をまとめ、公表しています。
http://www.fsa.go.jp/news/25/sonota/20140625-2.html

(改正の主な内容)

(1)新規上場時の有価証券届出書に掲げる財務諸表の年数短縮

昨年12月に公表された金融審議会「新規・成長企業へのリスクマネーの供給
のあり方等に関するワーキング・グループ」報告書の提言を踏まえ、有価証券
届出書に掲げる財務諸表の年数を5事業年度分から2事業年度分に短縮するよ
う改正を行います。

(2)非上場のIFRS適用会社が初めて提出する有価証券届出書に掲げる連結財務
諸表の年数

IFRSの任意適用に係る要件の緩和により、非上場会社であってもIFRSに準拠
した財務諸表の作成が可能となったことを踏まえ、非上場会社が初めて提出す
る有価証券届出書にIFRSに準拠して作成した連結財務諸表を掲げる場合には、
最近連結会計年度分のみの記載で足りる旨の改正を行います。

上記のほか、「財務諸表等の監査証明に関する内閣府令」を改正し、IFRSに準
拠して作成した連結財務諸表の監査における、比較情報に係る意見表明の方法
を設定するなど、所要の改正も行います。

公布・施行は本年8月下旬の予定です。

IPO検討されている企業の皆様、5年分は不要ですよ。ご確認ください。IPO時
の会計等整理支援は私どもでも行っています。

===================================
3.[税務]骨太の方針の概略は見ておきましょう
===================================
異論のあるところかもしれませんが、安倍内閣は仕事が早いと思います。感心
します。

政府は、24日、経済財政運営と改革の基本方針「骨太の方針」を閣議決定し
ています。
概略は以下の通りです。

http://www.newsweekjapan.jp/headlines/business/2014/06/128815.php

法人税に関しては、
1)イノベーション。科学技術イノベーション総合戦略を強力に推進。「起業
大国」を目指したリスクマネー供給力強化を通じて産業構造の変革を起こし、
多種多様な新たな価値を不断に創出。対日直接投資促進のための法人税改革推
進。法人実効税率を数年で20%台まで引き下げることを目指す。この引き下
げは来年度から開始する。

とイノベーションの流れで書かれています。経理としては、

・近いうちに、また、繰延税金資産の更なる取り崩しが必要になる
・社外流出する税金を考えると、課税はなるべく繰り延べたい
・海外進出している場合は、相対的にメリットが低下する

などでしょうか、少しでも会社にキャッシュを残す方策を検討すべきでしょう。

===================================
4.[税務]横浜みどり税
===================================
細かいかもしれませんが、横浜市の法人均等割について一部変更があったそう
なので、記載しておきます。横浜市に拠点のある会社の方は一応ご留意くださ
い。週刊税務通信No.3316からまとめておきます。

(従来)
“法人税割が課税される法人”は均等割額の9%相当額を上乗せ分として課税
 一方、
“法人税割が課税されない法人”は、平成26年3月31日までに開始する事業
年度分であれば課税されない

(改正)
平成26年4月1日以後に開始する事業年度の横浜市の法人の全てに対して、「横
浜みどり税」が課税される(ただし平成31年3月31日までに開始する事業年度分
まで)

公立保育園、幼稚園の園庭、小中学校の校庭の緑化などで使われているようで
す。一定の効果あげているようですよ。均等割、注意しましょう。

===================================
5.[税務]パチンコ税
===================================
これは異論、反論あるでしょうね。パチンコやらない私は賛成ですが。

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140622/plc14062209500004-n1.htm

「政府・自民党内で、安倍晋三首相の主導で政府が決めた法人税の実効税率の
引き下げに伴う税収減の穴を埋める財源の一つとして、パチンコやパチスロの
換金時に徴税する「パチンコ税」の創設が浮上していることが21日、分かっ
た。1%で2千億円の財源が生まれるとの試算もある。ギャンブルとして合法
化する必要があるため異論もあるが、財源議論が活発化する中、注目が集まり
そうだ。」

現実的にこれだけ社会に浸透しているわけですから、今更合法化とかいう話に
はかなりの違和感がありますね。ゴルフ場利用税より納得感があるのではない
でしょうか。うん。いいんじゃないですか。

===================================
6.[税務]問題152
===================================
[問152]
税務上、貸倒損失の損金算入ができない場合はどれ?

a.更生手続開始の申立がなされた場合
http://clap.mag2.com/hesouwraga?a

b.債権者集会で合理的な基準により切り捨てられた場合
http://clap.mag2.com/hesouwraga?b

c.債務超過の状態が相当期間継続し、その金銭債権の弁済が不能と認められ、
債務免除が書面により免除された場合
http://clap.mag2.com/hesouwraga?c

[答]
[前回の解答]
前回の正答はb。

===================================
7.[編集後記]
===================================
サッカー残念でしたね。
日本列島中が興奮したワールドカップでしたが、みなさんはどのようにお過ご
しでしたか?パブリックビューイングに行かれた方もいらっしゃるかと思いま
すが、テレビで観戦という方が多かったのではないでしょうか?私もそういう
くちで、テレビの前で、「ヨシ」とか「アー」とかイチイチ大声だして興奮し
ていました。私が面白いなと思ったのは、妻です。「私が観ていると点とられ
ることが多い」ということで、あまり直接は見なかったりしていました。この
感覚、私にもあります。私は逆に第一戦、見れなかった時間帯に逆転されまし
たし、第二戦は見れなかった時間帯に引き分けに終わってしまいました。「こ
れは私が観なければダメなんだ。」などと勝手に思い込んで、第三戦は全部観
たのですが、結果はご存じのとおりでした。。。あたり前ですが、結局関係な
いですよね。でもなんかそんな気になる。面白いものです。カタールは絶対ベ
スト8以上だあ!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
*発行人: エキスパーツリンク
 公認会計士・税理士・公認内部監査人(CIA) 紺野良一
*URL: http://www.expertslink.jp
 →決算・開示サポート、内部統制、会計に強い税理士をお求めならこちら
*E-mail: <info@expertslink.jp>
 転送はご自由に!
*解除はこちらから
 →http://expertslink-tax.jp/mailmagazine/
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


税理士法人エキスパーツリンク > ニュース > accounting journalバックナンバー > 【Weekly accounting journal】vol.241~繰延税金資産回収可能性見直し~