新型コロナウィルス感染症支援策についてのまとめ

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆vol.116-2012.1.17
      
   ☆☆☆ Weekly Accounting Journal ☆☆☆

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
こんにちは、エキスパーツリンク/エキスパーツ税理士法人の紺野です。日本
の会計基準は、今、IFRSで揺れ動いています。一方で税制も改正されており、
上場会社及び上場準備会社の決算・経理実務は今後も引き続き、目まぐるしく
変化していきます。これらのエッセンスを、上場会社及び上場準備会社の経理
担当者の皆さん向けに、出来る限り分かりやすくお伝えします。仕事の合間に
軽くどうぞ!

文中意見にわたる部分は僕の私見にもとづきます。このメールマガジンの情報
をもとに実務に適用される場合には、監査法人さんや顧問税理士さん等にご確
認ください。もちろん、エキスパーツリンク/エキスパーツ税理士法人でもま
ずは無料で検討させていただきます。

━[エキスパーツ税理士法人からのお知らせ]━━━━━━━━━━━━━━━
■会計士税理士による(四半期)決算税金税効果計算サポート
───────────────────────────────────
(四半期)決算時の税金税効果計算は複雑な計算を伴い、上場会社、その子会社
の決算のなかでも高い専門性が必要とされる業務です。
私たちエキスパーツ税理士法人では、この(四半期)決算時の税金税効果計算を
支援しています。会計にも税務にも精通したエキスパートとして貴社の業務を
強力にサポートします。

・経理部門に十分な人材が確保できず、税金税効果計算が不安だ。
・決算修正項目で忙しく、税金税効果計算は外注したい。
・子会社の税金税効果計算が不安だ。
・税理士はいるが申告書作成のみの対応だ。

こんなとき、エキスパーツ税理士法人なら
・平素から訪問により理解を深め、期末に効率的に税金税効果計算を行います。
・会計にも精通しているため、安心です。
・親しみやすい関係の構築を目指しており、ご質問なども頻繁に承っています。

ご相談はお気軽に
info@expertslink.jp
━━━━━━━━━━━━━━━[エキスパーツ税理士法人からのお知らせ]━

◆◇今週のCONTENTS◆◇
1.[最新J-GAAP]「税効果会計に関するQ&A」~「修正額」とは?~
2.[税務]貸倒引当金も考えてみました。
3.[最新J-GAAP]会社法施行規則及び会社計算規則による各種書類のひな型
4.[最新J-GAAP]開発費、のれんは現状維持
5.[最新J-GAAP]問題27
6.[編集後記]

===================================
1.[最新J-GAAP]「税効果会計に関するQ&A」~「修正額」とは?~
===================================
僕は最近、税効果マンですね。税効果ばっかりやってる気がします。

日本公認会計士協会(会計制度委員会)では、平成23年12月に公布された平成
23年税制改正と、東日本大震災の復興特別税に対応するため、「税効果会計に
関するQ&A」を見直し、草案を公表しています。

http://k.d.combzmail.jp/t/2732/b0iedst0vj5kdo58p2g44

ポイントは以下の三点です。実効税率も明記されています。
(1) 改正後の税率を適用する時期
(2) 回収又は支払が行われると見込まれる期の税率
(3) スケジューリングが不能な一時差異の取扱い

まずは実効税率ですが、期末資本金の額が1億円超法人に対する東京都の税率
の場合、

平成 23 年度改正前 40.69%

平成24年4月1日から平成27年3月31日までの期間内に開始する事業年度
38.01%

平成27年4月1日以後開始事業年度35.64%

とされています。特に問題ないですね。今までこのメルマガでご紹介してきた
ものと同じです。

(1)改正後の税率を適用する時期について
目新しいものはないのですが、一応確認のため。

「改正税法が決算日までに公布されている場合決算日現在における改正後の税
率を用いて、「当期首」における繰延税金資産及び繰延税金負債の金額を修正
する」

「税率の変更が行われた結果生じた繰延税金資産及び繰延税金負債の修正差額
は、損益計算書上、改正税法が公布された日を含む年度の法人税等調整額に加
減して処理する。」

「修正差額に係る繰延税金資産及び繰延税金負債の金額を修正したときは、修
正差額を評価差額に加減して処理するものとする」

ここでちょっと疑問が生じました。

税効果会計基準第四3は「税率の変更により繰延税金資産及び繰延税金負債の金
額が修正されたときは、その旨及び修正額」を記載するよう要求しています。
「修正額」ですね。

11月決算の場合、2011年11月決算の繰延税金資産負債は旧税率で算定していま
す。公布日が12月2日で決算日後ですからね。この場合、修正額は2011年11月
末の繰延税金資産負債が新税率で算定された場合の差額ということになりそう
です。これは感覚的に分かりやすいですね。

12月決算の場合、2011年12月決算の繰延背税金資産負債は新税率で算定してい
ます。公布日が12月2日で決算日前ですからね。この場合、修正額は2010年12
月末の繰延税金資産負債が新税率で算定された場合の差額ということになるの
ではないでしょうか?

税率変更後の繰延税金資産負債が期首から計上されていれば、税率変更前の繰
延税金資産負債との差額は当期の決算に入ってこないわけですからね。

ということはですよ。

「12月決算以降の会社が修正額を出すためには、期首も期末も新税率で算出し
なければならない」

のではないでしょうか。11月決算の場合2011年11月末で「期首」ですが、12
月決算の場合2011年12月末は「期末」なのでは?

(2) 回収又は支払が行われると見込まれる期の税率について
「期末における将来減算一時差異及び 将来加算一時差異の将来解消見込年度
のスケジューリングを実施し、改正税法に基づく将来解消見込年度に 将来加
算一時差異の将来解消見込年度のスケジューリングを実施し、改正税法に基
づく将来解消見込年度に適用される税率により繰延税金資産又は繰延税金負
債の金額を算定する必要があります。」

税率を分けて適用するということですね。このメルマガでもずっと紹介してき
たことです。

(3) スケジューリングが不能な一時差異の取扱いについて
「スケジューリングが不能な一時差異については、当該一時差異等が復興特別
法人税課税期間に解消するとはいえないため、復興特別法人税の課税を含まな
い税率に基づき、繰延税金資産及び繰延税金負債の算定を行うことになります
。」

問題ないですね。

会計コンサルティングはこちら
http://k.d.combzmail.jp/t/2732/b0ieest0vj5kdo58p2kk9

会計上、税務上のご相談はお気軽に(初回無料)!
info@expertslink.jp

===================================
2.[税務]貸倒引当金も考えてみました。
===================================
平成23年度改正ですが、貸倒引当金はちょっと見落とされがちな気がしますの
で書いておきますね。

税務上の貸倒引当金って、一括評価と個別評価がありますけど、これらの貸倒
引当金制度は、平成24年4月1日以後開始事業年度においては、銀行、保険会社
その他これらに類する法人及び中小法人等に限定されます。そして、これらの
法人以外の法人の平成24年度から平成26年度までの間に開始する各事業年度に
ついては、従前の損金算入限度額に対して、平成24年度は4分の3、平成25年
度は4分の2、平成26年度は4分の1の引当てを認める等の経過措置が講じら
れています。

ということはですよ。このような経過措置ですと個別評価の貸倒引当金をとっ
ていて長期化している場合は取り崩されてしまう?ということになりますよね。
すぐ貸倒損失がとれる状況になればいいですけど、長期化するような場合、折
角貸倒引当金を損金算入して税金安くしたのに、その分とりかえされる、とい
うことになりかねません。 取り崩したら今度はその分一時差異が増えますが、
スケジューリングが困難な場合、繰延税金資産も積めないかもしれませんね。

会計コンサルティングはこちら
http://k.d.combzmail.jp/t/2732/b0iefst0vj5kdo58p2Gs1

会計上、税務上のご相談はお気軽に(初回無料)!
info@expertslink.jp

===================================
3.[最新J-GAAP]会社法施行規則及び会社計算規則による各種書類のひな型
===================================
経団連が会社法施行規則及び会社計算規則による株式会社の各種書類のひな型
の改正を公表しています。

http://k.d.combzmail.jp/t/2732/b0iegst0vj5kdo58p26VJ

2011年3月31日及び11月16日の改正法務省令の施行、会計上の変更及び誤謬の
訂正に関する会計基準の公表、連結財務諸表に関する会計基準の改正等を踏ま
え、改正事項に即した修正が行われています。

会計コンサルティングはこちら
http://k.d.combzmail.jp/t/2732/b0iehst0vj5kdo58p2Ktd

会計上、税務上のご相談はお気軽に(初回無料)!
info@expertslink.jp

===================================
4.[最新J-GAAP]開発費、のれんは現状維持
===================================
ASBJ単体検討会議の2012年1月10日の第235回委員会の記事です。
http://k.d.combzmail.jp/t/2732/b0ieist0vj5kdo58p2hwq

(1)「開発費の資産計上」⇒現状維持
(2)「のれんの非償却」⇒現状維持
(3)「退職給付会計未認識項目の負債計上」⇒連結改正、単体現状維持
(4)「単体での包括利益の表示の取り扱い」⇒現状維持
のようです。ご参考まで。

会計コンサルティングはこちら
http://k.d.combzmail.jp/t/2732/b0iejst0vj5kdo58p21Ro

会計上、税務上のご相談はお気軽に(初回無料)!
info@expertslink.jp

===================================
5.[最新J-GAAP]問題27
===================================
[問27]
100%子会社のS社の役員賞与5,000千円の会計処理で誤りなのはどれ?総会決議
はなされていないが実質的に確定債務と認められるものとする。

[答]
a.役員賞与5,000千円/未払役員賞与5,000千円
b.役員賞与引当金繰入額5,000千円/役員賞与引当金5,000千円
c.仕訳なし

a.→ http://k.d.combzmail.jp/t/2732/b0iekst0vj5kdo58p20df
b.→ http://k.d.combzmail.jp/t/2732/b0ielst0vj5kdo58p2495
c.→ http://k.d.combzmail.jp/t/2732/b0iemst0vj5kdo58p2xZd

[前回の解答]
前回の解答はaです。

会計コンサルティングはこちら
http://k.d.combzmail.jp/t/2732/b0ienst0vj5kdo58p2tgu

会計上、税務上のご相談はお気軽に(初回無料)!
info@expertslink.jp

===================================
6.[編集後記]
===================================
今日は一番目の記事は読んでください。そんなの知ってるよという方はご容赦
を!
ここのところおかげさまで日々追われておりまして、今回はこのメルマガもぎ
りぎりになってしまいました。普段は週末に仕上げるのですが...。
先週末、妻と娘がアイススケートのショー(浅田真央さんとか高橋大輔さんと
かそうそうたる方々の素晴らしいショーだったようです)を見に行くというこ
とで、息子ものせて、ちょっと駅まで車で送ったんです。帰りに牛丼お持ち帰
りで購入して、ワクワクしながら家に向かいました。息子は牛丼デビューでし
たから!うまいって言うかな~とか考えながら。ところが...。家の前まで
来て、鍵がないじゃないですか!僕も息子もすっかり油断していて鍵がない。
締め出されました~。しょうがないから近くの実家にいって牛丼たべてテレビ
見ながら妻と娘の帰りを待ちました。電話で連絡はついたのですが、そんな状
況じゃすぐ帰らなきゃだめじゃない、ということで本当は買い物とかしたかっ
たらしいんですけど、ショーが終わり次第すぐ帰ってきました。というわけで
午後を棒にふる結果に。まあ少しは休めたからいいんですかね。
とりあえず息子は牛丼うまいといってました。つゆ抜きです。

━[貴社の問題解決に決算・開示アウトソーシング]━━━━━━━━━━━━
毎回、深夜残業して、土日もつぶしてやっているのに、いつも開示は遅れ気味
で監査の指摘も多い。ただ人員はもう増やせない。
決算・開示を切り盛りしていた人間が突然ダウンしてしまった。

こんなとき、エキスパーツリンクのアウトソーシングなら人員を増やすよりも
安価に体制の補強を図ることが出来ます。公認会計士が行いますので監査の通
りもいいというご評価もいただいています。

お問い合わせはこちらから
E-MAIL 
━━━━━━━━━━━━[貴社の問題解決に決算・開示アウトソーシング]━

━[エキスパーツ税理士法人からのお知らせ]━━━━━━━━━━━━━━━
■『らくらく会社設立』で簡単、安心の起業!
───────────────────────────────────
エキスパーツ税理士法人では、起業家の皆さまのための創業・独立支援
『らくらく会社設立』
をスタートします。

税理士・公認会計士が直接面談、アドバイスを行い、設立費用は、登記費用等
込で248,000円均一(内、報酬は46,000円)。また、税務顧問契約もご締結いた
だける場合は、報酬一か月分を無料とさせていただきます!

詳しくはこちら
http://k.d.combzmail.jp/t/2732/b0ieost0vj5kdo58p2yf3

読者の皆さまで会社設立をお考えの方は、是非ご検討ください。また、お知り
合い等で会社設立をお考えの方がいらっしゃいましたら是非ご紹介くださいま
せ。
━━━━━━━━━━━━━━[エキスパーツ税理士法人からのお知らせ]━━

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
*発行人: エキスパーツリンク
 公認会計士・税理士・公認内部監査人(CIA) 紺野良一
*URL: http://k.d.combzmail.jp/t/2732/b0iepst0vj5kdo58p2wd4
 →決算・開示サポート、内部統制、会計に強い税理士をお求めならこちら
*ブログ:http://k.d.combzmail.jp/t/2732/b0ieqst0vj5kdo58p2M5C
*会社設立をお考えなら: http://k.d.combzmail.jp/t/2732/b0ierst0vj5kdo58p2IB3
*E-mail:
 →転送はご自由に!バンバン転送しちゃってください。
*解除はこちらから
 → http://k.d.combzmail.jp/t/2732/b0iesst0vj5kdo58p2UDZ
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


税理士法人エキスパーツリンク > ニュース > accounting journalバックナンバー > 【Weekly accounting journal】vol.116