◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇vol.125-2011.03.20
      
    ☆☆☆ Weekly Accounting Journal ☆☆☆

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
こんにちは、エキスパーツリンク/エキスパーツ税理士法人の紺野です。日本
の会計基準は、今、IFRSで揺れ動いています。一方で税制も改正されており、
上場会社及び上場準備会社の決算・経理実務は今後も引き続き、目まぐるしく
変化していきます。これらのエッセンスを、上場会社及び上場準備会社の経理
担当者の皆さん向けに、出来る限り分かりやすくお伝えします。仕事の合間に
軽くどうぞ!

文中意見にわたる部分は僕の私見にもとづきます。このメールマガジンの情報
をもとに実務に適用される場合には、監査法人さんや顧問税理士さん等にご確
認ください。もちろん、エキスパーツリンク/エキスパーツ税理士法人でもま
ずは無料で検討させていただきます。

━[エキスパーツ税理士法人からのお知らせ]━━━━━━━━━━━━━━━
■会計士税理士による(四半期)決算税金税効果計算サポート
───────────────────────────────────
(四半期)決算時の税金税効果計算は複雑な計算を伴い、上場会社、その子会社
の決算のなかでも高い専門性が必要とされる業務です。
私たちエキスパーツ税理士法人では、この(四半期)決算時の税金税効果計算を
支援しています。会計にも税務にも精通したエキスパートとして貴社の業務を
強力にサポートします。

・経理部門に十分な人材が確保できず、税金税効果計算が不安だ。
・決算修正項目で忙しく、税金税効果計算は外注したい。
・子会社の税金税効果計算が不安だ。
・税理士はいるが申告書作成のみの対応だ。

こんなとき、エキスパーツ税理士法人なら
・平素から訪問により理解を深め、期末に効率的に税金税効果計算を行います。
・会計にも精通しているため、安心です。
・親しみやすい関係の構築を目指しており、ご質問なども頻繁に承っています。

ご相談はお気軽に
info@expertslink.jp
━━━━━━━━━━━━━━━[エキスパーツ税理士法人からのお知らせ]━

◆◇今週のCONTENTS◆◇
1.[最新J-GAAP] 翌事業年度以降における四半期財務諸表の税金費用
2.[IFRS] IASB work plan – projected targets
3.[監査]監査報酬アンケート
4.[J-GAAP]問題36
5.[編集後記]

===================================
1.[IFRS]翌事業年度以降における四半期財務諸表の税金費用
===================================
既にご紹介しておりますけど、平成24年3月15日開催の企業会計基準委員会で
承認されましたので、改めてご紹介します。

実務対応報告第29号
「改正法人税法及び復興財源確保法に伴い税率が変更された事業年度の翌事業
年度以降における四半期財務諸表の税金費用に関する実務上の取扱い」

http://k.d.combzmail.jp/t/2732/b0309hu0wj66bhcr2zoiz

まとめます。

【年度決算と同様の方法により税金費用を計算している場合】
(1)繰延税金資産負債
原則的な考え方により、回収又は支払が行われると見込まれる期に対応した改
正後の税率により計算します。年度と同じように複数税率で計算することにな
るわけです。

(2)スケジューリングが不能な一時差異
一律に復興特別法人税額を含まない法定実効税率で計算します。

【四半期特有の会計処理により税金費用を計算している場合】
見積実効税率かけるやつですが、以下のようになります。

(1) 基本的な取扱い

見積実効税率
=(予想年間納付税額(注1)+予想年間法人税等調整額(注2))
 /予想年間税引前当期純利益
(注1)年間の課税所得を見積り、当期の税率により計算する。
(注2)期末の繰延税金資産負債の増減を見積ることにより計算される、年間ベ
    ースの法人税等調整額の予想額である。この期末の繰延税金資産負債の
見積は解消年度により複数税率を使用する必要があるわけです。

ただし、予想年間税引前当期純利益がゼロ又は損失となる場合、予想年間税金
費用がゼロ又はマイナスとなる場合、上期と下期の損益が相殺されるため、一
時差異等に該当しない差異に係る税金費用の影響が予想年間税引前当期純利益
に対して著しく重要となる場合は法定実効税率を用いて中間税効果実務指針第
12 項に準じて処理します。

(2)複数税率の影響が重要ではない場合

3月決算でいうと、復興特別法人税が課税されるのは、25/3-27/3で、それ以降
は、復興特別法人税は課税されませんので、それ以降の分は復興特別法人税が
課税されない税率で繰延税金資産負債を計算することになるわけです。

で、この分は、

この期間に解消が見込まれる分
及び
スケジューリングが不能な分

ということになりますので、それほど重要性がないということもあるわけです。

この場合、通常どおり、

見積実効税率
=予想年間税金費用(注)/予想年間税引前当期純利益

(注)予想年間税金費用=(予想年間税引前当期純利益 ± 一時差異等に該当し
ない差異)×法定実効税率-税額控除額

でよいとされています。

会計コンサルティングはこちら
http://k.d.combzmail.jp/t/2732/b030ahu0wj66bhcr2zb8i

会計上、税務上のご相談はお気軽に(初回無料)!
info@expertslink.jp

===================================
2.[IFRS]IASB work plan – projected targets
===================================
IASBのワークプランがまた更新されていますのでご紹介します。リースの再公
開草案は、当初今年第2四半期だったのですが、今年下半期ということになった
ようです。

http://k.d.combzmail.jp/t/2732/b030bhu0wj66bhcr2zCme

会計コンサルティングはこちら
http://k.d.combzmail.jp/t/2732/b030chu0wj66bhcr2zBAq

会計上、税務上のご相談はお気軽に(初回無料)!
info@expertslink.jp

===================================
3.[監査]監査報酬アンケート
===================================
監査人・監査報酬問題研究会では、上場会社と監査事務所が有している意識を
把握するためにアンケート調査を実施していまして、その結果の概要が「会計
・監査ジャーナル」に掲載されていますのでかいつまんでご紹介します。

日本の監査報酬は諸外国に比べてかなり低いというのが前提になっています。

(1)現在の監査証明報酬額
監査事務所
 どちらともいえない 52.9%
 やや低い      41.2%

上場会社
 やや高い金額である 45.9%
 どちらともいえない 38.2%

(2)監査報酬の低さを解消する必要性
監査事務所
 とても解消する必要がある 54.7%
 やや解消する必要がある  26.7%

上場会社
 あまり解消する必要があるとは思わない 37%
 どちらともいえない          33%

まあ、予想どおりという感じですが、面白いと思ったのは

監査契約を公的機関の管理下において、監査人の独立性や監査報酬等を公的
に管理しようという考えがあります。この考えにつき、公的管理が必要とし
た回答者に、誰が、いかなる方法で、公的管理をすべきかと尋ねたところ、

標準監査報酬の設定をすべき

と回答した者が監査事務所で50.0%、上場会社で48.6%いたということです。
監査報酬に関する何らかの目安を求める傾向は監査人と会社とを問わず強い
ことがわかるとされています。

昔あったんですけどね。標準監査報酬。そういう声が出てきていることは知
りませんでした。でもいいかもしれませんね。少し公認会計士も不遇ですから。

いやいや、会計士だけではありませんよ。税理士も過当競争です。こちらも
昔標準報酬がありました。そうだ思い出しました。手許にその早見表があり
ます。ちょっと話変わっちゃいましたけど、ご紹介します。

資本金1,000万円未満(500万円以上)でですよ、

(月額)
税務顧問 
 法人税   70,000円
 住民税等(!) 7,000円
 消費税等  35,000円
 計     112,000円
会計顧問    35,000円
記帳代行
 法人税  70,000円
 消費税等 35,000円
 計   105,000円
合計 252,000円

(決算)
420,000円

え。252,000円×12カ月+420,000円=3,444,000円!

衝撃的です。

会計コンサルティングはこちら
http://k.d.combzmail.jp/t/2732/b030dhu0wj66bhcr2z2NB

会計上、税務上のご相談はお気軽に(初回無料)!
info@expertslink.jp

===================================
4.[IFRS]問題36
===================================
[問36]
連結消去仕訳を考えましょう。税効果無視です。

親会社の子会社に対する貸付金
 前期末 75,000
今期末 90,000

上記貸付金に係る貸倒引当金
 前期末 35,000
今期末 45,000

[答]
a.
借入金   90,000 / 貸付金 90,000
貸倒引当金 10,000 / 貸倒引当金繰入  10,000

b.
借入金   90,000 / 貸付金   90,000
貸倒引当金 45,000 / 利益剰余金期首残高 35,000
          / 貸倒引当金繰入  10,000
c.
借入金   90,000 / 貸付金 90,000
貸倒引当金 45,000 / 貸倒引当金繰入  45,000

a.→ http://k.d.combzmail.jp/t/2732/b030ehu0wj66bhcr2z3a7
b.→ http://k.d.combzmail.jp/t/2732/b030fhu0wj66bhcr2zCdb
c.→ http://k.d.combzmail.jp/t/2732/b030ghu0wj66bhcr2za14

[前回の解答]
前回の正答はbです。

会計コンサルティングはこちら
http://k.d.combzmail.jp/t/2732/b030hhu0wj66bhcr2zrJE

会計上、税務上のご相談はお気軽に(初回無料)!
info@expertslink.jp

===================================
5.[編集後記]
===================================
今日は3.をみていただけるといいかなと思います。

石巻工業高校のスローガン「あきらめない街・石巻!!その力に俺たちはなる
!!」はいいですね。こちらも力をもらいます。
同校の阿部主将は被災してから復旧するまでの活動のすべてを野球に関係づけ
て考えてトレーニングを続けていたそうですし、逆境のなかでも、家族のあり
がたみが感じられ、よかったと思うこともあるという発言をしていました。強
い。本当に強い。この強さはやはり他者に助けられている、他者に恩返ししな
ければならない、という好循環から生まれているように思いました。また、同
校野球部員のみならず、他校の野球部生徒や、関係者の協力も素晴らしいです。
ここに本当に、日本人の強さ、美しさが表れていますね。泣けてきます。
阿部主将の選手宣誓、楽しみです。

━[貴社の問題解決に決算・開示アウトソーシング]━━━━━━━━━━━━
毎回、深夜残業して、土日もつぶしてやっているのに、いつも開示は遅れ気味
で監査の指摘も多い。ただ人員はもう増やせない。
決算・開示を切り盛りしていた人間が突然ダウンしてしまった。

こんなとき、エキスパーツリンクのアウトソーシングなら人員を増やすよりも
安価に体制の補強を図ることが出来ます。公認会計士が行いますので監査の通
りもいいというご評価もいただいています。

お問い合わせはこちらから
E-MAIL 
━━━━━━━━━━━━[貴社の問題解決に決算・開示アウトソーシング]━

━[エキスパーツ税理士法人からのお知らせ]━━━━━━━━━━━━━━━
■『らくらく会社設立』で簡単、安心の起業!
───────────────────────────────────
エキスパーツ税理士法人では、起業家の皆さまのための創業・独立支援
『らくらく会社設立』
をスタートします。

税理士・公認会計士が直接面談、アドバイスを行い、設立費用は、登記費用等
込で248,000円均一(内、報酬は46,000円)。また、税務顧問契約もご締結いた
だける場合は、報酬一か月分を無料とさせていただきます!

詳しくはこちら
http://k.d.combzmail.jp/t/2732/b030ihu0wj66bhcr2zJZh

読者の皆さまで会社設立をお考えの方は、是非ご検討ください。また、お知り
合い等で会社設立をお考えの方がいらっしゃいましたら是非ご紹介くださいま
せ。
━━━━━━━━━━━━━━[エキスパーツ税理士法人からのお知らせ]━━

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
*発行人: エキスパーツリンク
 公認会計士・税理士・公認内部監査人(CIA) 紺野良一
*URL: http://k.d.combzmail.jp/t/2732/b030jhu0wj66bhcr2zciL
 →決算・開示サポート、内部統制、会計に強い税理士をお求めならこちら
*ブログ:http://k.d.combzmail.jp/t/2732/b030khu0wj66bhcr2zMSe
*会社設立をお考えなら: http://k.d.combzmail.jp/t/2732/b030lhu0wj66bhcr2zm21
*E-mail:
 →転送はご自由に!バンバン転送しちゃってください。
*解除はこちらから
 → http://k.d.combzmail.jp/t/2732/b030mhu0wj66bhcr2zxFe
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


税理士法人エキスパーツリンク > ニュース > accounting journalバックナンバー > 【Weekly accounting journal】vol.125