◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇vol.126-2012.03.27
      
   ☆☆☆ Weekly Accounting Journal ☆☆☆

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
こんにちは、エキスパーツリンク/エキスパーツ税理士法人の紺野です。日本
の会計基準は、今、IFRSで揺れ動いています。一方で税制も改正されており、
上場会社及び上場準備会社の決算・経理実務は今後も引き続き、目まぐるしく
変化していきます。これらのエッセンスを、上場会社及び上場準備会社の経理
担当者の皆さん向けに、出来る限り分かりやすくお伝えします。仕事の合間に
軽くどうぞ!

文中意見にわたる部分は僕の私見にもとづきます。このメールマガジンの情報
をもとに実務に適用される場合には、監査法人さんや顧問税理士さん等にご確
認ください。もちろん、エキスパーツリンク/エキスパーツ税理士法人でもま
ずは無料で検討させていただきます。

━[エキスパーツ税理士法人からのお知らせ]━━━━━━━━━━━━━━━
■会計士税理士による(四半期)決算税金税効果計算サポート
───────────────────────────────────
(四半期)決算時の税金税効果計算は複雑な計算を伴い、上場会社、その子会社
の決算のなかでも高い専門性が必要とされる業務です。
私たちエキスパーツ税理士法人では、この(四半期)決算時の税金税効果計算を
支援しています。会計にも税務にも精通したエキスパートとして貴社の業務を
強力にサポートします。

・経理部門に十分な人材が確保できず、税金税効果計算が不安だ。
・決算修正項目で忙しく、税金税効果計算は外注したい。
・子会社の税金税効果計算が不安だ。
・税理士はいるが申告書作成のみの対応だ。

こんなとき、エキスパーツ税理士法人なら
・平素から訪問により理解を深め、期末に効率的に税金税効果計算を行います。
・会計にも精通しているため、安心です。
・親しみやすい関係の構築を目指しており、ご質問なども頻繁に承っています。

ご相談はお気軽に
info@expertslink.jp
━━━━━━━━━━━━━━━[エキスパーツ税理士法人からのお知らせ]━

◆◇今週のCONTENTS◆◇
1.[最新J-GAAP]年金資産の消失に係る会計処理
2.[時事]耳を疑う監査報告書偽造
3.[税務]中小企業の会計処理による割引制度の見直し
4.[監査]オリンパス監査ここがおかしい
5.[J-GAAP]問題37
6.[編集後記]

===================================
1.[最新J-GAAP]年金資産の消失に係る会計処理
===================================
既に多くの皆様の目に触れていることと思われますが、日本公認会計士協会で
は、「年金資産の消失に係る会計処理に関する監査上の取扱いについて」を公
表しています。

http://k.d.combzmail.jp/t/2732/b0y7piu0wjeo32e92qZkD

「すなわち、財務諸表作成時に入手可能な情報を収集し、消失が見込まれる金
額を合理的に見積もり、退職給付引当金を計上することが適切である」

「引当金の計上に伴って発生する損失(消失が見込まれる年金資産の額)は通常
の取引以外の原因に基づいて発生した臨時的損失と考えられるので、監査上、
特別損失として処理することが適切である」

「制度全体の年金資産に占める割合が高く、将来の掛金拠出等への影響が重要
であると想定される場合には、退職給付に係る注記事項において、当該事案の
概要、将来の掛金等への影響がある旨などを補足的に説明する」

「将来の追加拠出に伴う損失の発生の可能性について、企業会計原則注解【注
18】の要件を満たす場合には、財務諸表作成時に入手可能な情報を収集し、合
理的な金額を見積もり、引当金を計上するとともに費用(損失)処理することが
適切である」

ということです。

一般論として、総合型厚生年金基金に加入している場合でも、さらに今回の監
査上の取り扱いの公表以前においても、上記にもあるように企業会計原則注解
【注18】の要件を満たす場合には、引当金を計上することもあり得たと思いま
す。今回の件においては臨時的損失が生じた年度は当期とは限らないわけです
から、過年度遡及会計基準との関係が気になったのですが、

「引当額の過不足が計上時の見積り誤りに起因する場合には、過去の誤謬に該
当するため、修正再表示を行うこととなる。一方、過去の財務諸表作成時にお
いて入手可能な情報に基づき最善の見積りを行った場合には、当期中における
状況の変化により会計上の見積りの変更を行ったときの差額、又は実績が確定
したときの見積金額との差額は、その変更のあった期、又は実績が確定した期
に、その性質により、営業損益又は営業外損益として認識することとなる。」
(過年度遡及会計基準55)

とされています。今回のケースでは、情報が隠ぺいされ、与えられていなかっ
たわけですから、過去の誤謬には該当しないということなんでしょうか。今回
の取り扱いには、特に過年度遡及には言及はないようです。

会計コンサルティングはこちら
http://k.d.combzmail.jp/t/2732/b0y7qiu0wjeo32e92qb6c

会計上、税務上のご相談はお気軽に(初回無料)!
info@expertslink.jp

===================================
2.[時事]耳を疑う監査報告書偽造
===================================
引き続きAIJ関連ですが、耳を疑いますね。

毎日
http://k.d.combzmail.jp/t/2732/b0y7riu0wjeo32e92qpuv

日経はこちら
http://k.d.combzmail.jp/t/2732/b0y7siu0wjeo32e92qgDG

「AIJは顧客の年金基金側から開示を求められても拒否。それでも開示を求
める顧客には、知人の公認会計士に偽造を依頼した虚偽の監査報告書を提示し、
運用実績が上がっていたように装っていたという。」

監査を実施した「外資大手会計監査法人のケイマン籍の監査事務所」は「巨額
損失を把握、それを反映した監査報告書を作成した」とのことですので、一定
の役割を果たしているようですが、「知人の公認会計士」は監査報告書を偽造
するなどもっての外。本当でしょうか。どのような心理でこの偽造を受諾する
のでしょうか。

全く。信じられません。本当だとすれば、また監査人、会計士の信用失墜です。

会計コンサルティングはこちら
http://k.d.combzmail.jp/t/2732/b0y7tiu0wjeo32e92qxfV

会計上、税務上のご相談はお気軽に(初回無料)!
info@expertslink.jp

===================================
3.[税務]中小企業の会計処理による割引制度の見直し
===================================
これ、あれですよ。チェックリスト。「中小企業の会計に関する指針」に対す
る準拠性を税理士等が確認するじゃないですか。

この取り扱いが見直しされるようです。詳細はこちら。
http://k.d.combzmail.jp/t/2732/b0y7uiu0wjeo32e92qAir

従来は、「会計割引制度の適用は、平成18年4月の制度創設時では、チェック
リストの添付によって認められ、平成19年4月の制度見直し後では、チェック
リスト中の15項目のうち1項目以上の準拠によって認められる」とされていま
したが、

平成24年4月1日(平成24年4月1日以降に終了する事業年度の計算書類より)
からは、

「1)信用保証協会は、チェックリストの全15項目全てが中小指針に準拠して
いることをもって会計割引制度を適用します。
※ただし、当該中小企業が保有しない資産の項目については除外します。
2)チェックリストの全15項目について中小指針に準拠している旨の記載があ
るにもかかわらず、故意・過失を問わず事実と異なる記載が認められると信
用保証協会が判断する場合は、会計割引制度の利用を認めないこととしま
す。」

ということです。

さらに、「故意・過失を問わず事実と異なる記載と保証協会が認めるチェッ
クリストが、複数回にわたり同一の税理士等から提出された場合において、
当該税理士等から提出されるチェックリストの添付をもって、計算書類の信
頼性向上に寄与することが認められないと保証協会が判断するときは、当該
税理士等が確認したチェックリストについては、会計割引制度の利用を1年間
認めない」

とのことです。こういう事例があるということなんでしょうね。我々「税理
士等」としては安易なチェックリストのチェックはできません。企業側のメ
リットも考えれば、常日頃から、中小指針に対する準拠を指導していく必要
性が高まったと評価すべきことになると思います。

会計コンサルティングはこちら
http://k.d.combzmail.jp/t/2732/b0y7viu0wjeo32e92qknn

会計上、税務上のご相談はお気軽に(初回無料)!
info@expertslink.jp

===================================
4.[監査]オリンパス監査ここがおかしい
===================================
日経ビジネスの愛知工業大学教授岡崎一浩氏へのインタビュー記事。なかなか
面白いです。

http://k.d.combzmail.jp/t/2732/b0y7wiu0wjeo32e92qc5L

「あずさの問い合わせにLGT銀行が毎年、答えてこなかったためだというが、
それならなぜさらに厳しく調べなかったのか。さらに、「日経ビジネス」が関
係者に取材した中で「LGT銀行は金融機関であり、その信用力からすれば、回答
に記載がない場合、担保設定がないと理解してもおかしくない」としていると
もいうが、それは不思議な話だ。」

いかにも。確認状の当該欄が空欄だったら、再度銀行に回答を依頼するべきで
しょうね。

「300億円と言えば、オリンパスの総資産の1%を超える規模。監査の規定で、
それだけのものとなると「重要な資産」として確認は必要なはず。そもそもな
ぜわざわざリヒテンシュタインに300億円もの預金をしなければいけないのか。
それを疑問に思わないのはおかしい。経済的合理性がそこにあるとは思えない
はずだ。」

いかにも。

この他にも同社によるベンチャー三社買収時に個人会計士が行った価値算定に
ついても言及しています。

会計コンサルティングはこちら
http://k.d.combzmail.jp/t/2732/b0y7xiu0wjeo32e92qDhm

会計上、税務上のご相談はお気軽に(初回無料)!
info@expertslink.jp

===================================
5.[IFRS]問題37
===================================
[問37]
過年度遡及会計基準。おさらいしましょう。「原則的取り扱い」として正しい
のはどれですか。

[答]
a.
会計上の変更
 会計方針の変更   遡及しない
 表示方法の変更   遡及
 会計上の見積の変更 遡及
過去の誤謬の訂正   遡及

b.
会計上の変更
 会計方針の変更   遡及
 表示方法の変更   遡及
 会計上の見積の変更 遡及
過去の誤謬の訂正   遡及
c.
会計上の変更
 会計方針の変更   遡及
 表示方法の変更   遡及
 会計上の見積の変更 遡及しない
過去の誤謬の訂正   遡及

a.→ http://k.d.combzmail.jp/t/2732/b0y7yiu0wjeo32e92q86s
b.→ http://k.d.combzmail.jp/t/2732/b0y7ziu0wjeo32e92qdUU
c.→ http://k.d.combzmail.jp/t/2732/b0y70iu0wjeo32e93qizs

[前回の解答]
前回の正答はbです。

会計コンサルティングはこちら
http://k.d.combzmail.jp/t/2732/b0y71iu0wjeo32e93q2bv

会計上、税務上のご相談はお気軽に(初回無料)!
info@expertslink.jp

===================================
6.[編集後記]
===================================
よかったですね。石巻工業高校阿部主将の選手宣誓。
http://k.d.combzmail.jp/t/2732/b0y72iu0wjeo32e93qKfV

思わずテレビの前で「いやあ、素晴らしい。立派だった!」とか言っている自
分がいました。堂々としていて凛々しい日本男児という感じでしたね。

「人は誰でも答えのない悲しみを受け入れることは苦しくてつらいことです。
しかし、日本が一つになり、この苦難を乗り越えることができれば、その先に
必ず大きな幸せが待っていると信じています。
だからこそ、日本中に届けます。感動、勇気、そして笑顔を。見せましょう、
日本の底力、絆を。」

石巻工業高校は初戦を9-5で敗れてしまいましたが、4点差をひっくり返して逆
転するなど、あきらめない強さをみせてくれました。

なにごともあきらめずに、前向きに行きましょう!

━[貴社の問題解決に決算・開示アウトソーシング]━━━━━━━━━━━━
毎回、深夜残業して、土日もつぶしてやっているのに、いつも開示は遅れ気味
で監査の指摘も多い。ただ人員はもう増やせない。
決算・開示を切り盛りしていた人間が突然ダウンしてしまった。

こんなとき、エキスパーツリンクのアウトソーシングなら人員を増やすよりも
安価に体制の補強を図ることが出来ます。公認会計士が行いますので監査の通
りもいいというご評価もいただいています。

お問い合わせはこちらから
E-MAIL 
━━━━━━━━━━━━[貴社の問題解決に決算・開示アウトソーシング]━

━[エキスパーツ税理士法人からのお知らせ]━━━━━━━━━━━━━━━
■『らくらく会社設立』で簡単、安心の起業!
───────────────────────────────────
エキスパーツ税理士法人では、起業家の皆さまのための創業・独立支援
『らくらく会社設立』
をスタートします。

税理士・公認会計士が直接面談、アドバイスを行い、設立費用は、登記費用等
込で248,000円均一(内、報酬は46,000円)。また、税務顧問契約もご締結いた
だける場合は、報酬一か月分を無料とさせていただきます!

詳しくはこちら
http://k.d.combzmail.jp/t/2732/b0y73iu0wjeo32e93q4Xm

読者の皆さまで会社設立をお考えの方は、是非ご検討ください。また、お知り
合い等で会社設立をお考えの方がいらっしゃいましたら是非ご紹介くださいま
せ。
━━━━━━━━━━━━━━[エキスパーツ税理士法人からのお知らせ]━━

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
*発行人: エキスパーツリンク
 公認会計士・税理士・公認内部監査人(CIA) 紺野良一
*URL: http://k.d.combzmail.jp/t/2732/b0y74iu0wjeo32e93qvmb
 →決算・開示サポート、内部統制、会計に強い税理士をお求めならこちら
*ブログ:http://k.d.combzmail.jp/t/2732/b0y75iu0wjeo32e93q65O
*会社設立をお考えなら: http://k.d.combzmail.jp/t/2732/b0y76iu0wjeo32e93qJHu
*E-mail:
 →転送はご自由に!バンバン転送しちゃってください。
*解除はこちらから
 → http://k.d.combzmail.jp/t/2732/b0y77iu0wjeo32e93qlAe
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


税理士法人エキスパーツリンク > ニュース > accounting journalバックナンバー > 【Weekly accounting journal】vol.126