◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆vol.21-2010.3.23
      
    ☆☆☆ Weekly Accounting Journal ☆☆☆

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
こんにちは、エキスパーツリンク/エキスパーツ税理士法人の紺野です。日本
の会計基準はIFRSに近づき(コンバージェンス)、さらにその後IFRSが強制適
用(アドプション)されます。一方で税制も改正されており、上場会社及び上場
準備会社の決算・経理実務は今後も引き続き、目まぐるしく変化していきます。
これらのエッセンスを出来る限り、分かりやすくお伝えします。仕事の合間に
軽くどうぞ!

文中意見にわたる部分は僕の私見にもとづきます。このメールマガジンの情報
をもとに実務に適用される場合には、監査法人さんや顧問税理士さん等にご確
認ください。もちろん、エキスパーツリンク/エキスパーツ税理士法人でもま
ずは無料で検討させていただきます。

━[ご質問・ご相談等お待ちしております!]━━━━━━━━━━━━━━━
本メルマガでは、より皆様のお役に立てる情報を配信したいと考えております
ので、普段の決算・経理・税務実務全般について、ご質問、ご相談等ございま
したら、どんな小さなことでも結構ですので、是非教えてください。必ず何ら
かのご回答差し上げます。
info@expertslink.jp
━━━━━━━━━━━━━━[ご質問・ご相談等お待ちしております!]━━

━[無料会計セミナーのお知らせ]━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■(3月25日)決算直前新会計基準セミナー(無料)
───────────────────────────────────
決算も間近ですね。金融商品の時価開示、賃貸等不動産の時価開示大丈夫です
か?資産除去債務やマネジメント・アプローチも一緒におさらいしませんか?
残席わずか!
詳細はこちら
http://k.d.combzmail.jp/t/2732/90gf9mv0lgfjsdahi1
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━[無料会計セミナーのお知らせ]━━

━[エキスパーツリンクからのお知らせ]━━━━━━━━━━━━━━━━━
■月5万円からの会計コンサルティング
───────────────────────────────────
エキスパーツリンクでは公認会計士による会計コンサルティングを行っていま
す。「税務顧問」ならぬ「会計顧問」というところでしょうか。最近の会計は
複雑で、困難な見積りや判断を伴うことも多く、また、IFRSの適用など、上場
会社といえども対応は困難です。
エキスパーツリンクでは「アドバイス」「レビュー」「サポート」と会社の状
況に応じたサービスをご提供しています。
・ちょっと相談できる相手が欲しい。
・日ごろから専門家に見てもらわないと不安だ。
・忙しい。ただ、人を採用するとコストがかかる。
・IFRSはなるべくコストを抑えて対応したい。
こんな場合、まずは公認会計士による会計コンサルティングはいかがでしょう
か?
詳細はこちら
http://k.d.combzmail.jp/t/2732/90gfamv0lgfjsdahi1
━━━━━━━━━━━━━━━━━[エキスパーツリンクからのお知らせ]━

◆◇今週のCONTENTS◆◇
1.[最新J-GAAP]金融商品の時価等開示関係についての補足(第二回)
2.[IFRS]有形固定資産の測定(第七回~当初認識後の測定)
3.[最新J-GAAP&IFRS]収益認識
4.[編集後記]

===================================
1.[最新J-GAAP]金融商品の時価等開示関係についての補足(第二回)
===================================
金融商品補足第二弾です。

過去にお伝えした「時価を把握することが極めて困難な有価証券」の件ですが、
「市場性のない債券」で、「時価を把握することが極めて困難な有価証券」に
該当しないその他有価証券について、時価評価することになりますので、この
場合は、会計方針の変更に該当します。これがない場合で、時価の開示のみ拡
充させる場合には、他の会計基準の取り扱いとの関係もありますので、追加情
報として扱えばよいはずです。

それから会社法の取り扱いも確認しておきましょう。計算書類ではこの注記は
必要なのか?基本的に必要です。
会社計算規則では注記表の開示を省略できる会社を定めていますよね。これに
よると、金融商品関係の注記が必要なのは、「会計監査人設置会社及び公開会
社である会計監査人非設置会社」です。ですから、上場会社であれば基本的に
必要ということになります。ただし、上場会社でも、資本金が5億円未満など
で、会計監査人は非設置であるという場合は、注記表では、金融商品の開示は
不要ということになるんですかね。

もう一点、最近財務制限条項が付されているケースが多くなっているように感
じていますが、この財務制限条項は、今回の注記では、定性的情報の「金融商
品の内容およびそのリスク」のところに記載することになると思いますのでご
注意ください。「資金調達に係る流動性リスク」に該当すると思います。

(つづく)

会計コンサルティングはこちら
http://k.d.combzmail.jp/t/2732/90gfbmv0lgfjsdahi1

決算直前新会計基準セミナーはこちら
http://k.d.combzmail.jp/t/2732/90gfcmv0lgfjsdahi1

===================================
2.[IFRS]有形固定資産の測定(第七回~当初認識後の測定)
===================================
有形固定資産の測定の続きです。

原価モデルでいいことはわかりました。次は、どのように償却するか、ですが、
実際に償却するには、「償却方法」と「耐用年数」を確定する必要があるわけ
です。

まず、償却方法については、

「使用される減価償却方法は、資産の将来の経済的便益の予測消費パターンを
反映するものでなければならない(IAS16.60)」のです。

つまり、その有形固定資産を使用することにより、その経済的便益がどのよう
に消費されるのか、予測しなければならないのです。というわけですから、
「予測してください」。

といってもなかなか、難しいですよね。特に定率法って、どうなんでしょう。
その経済的便益が一定の率で逓減する状況って、説明が難しいのではないでし
ょうか?個人的には、生産高比例法の方が説明しやすいように思います。

このような場合は、通常、定額法が採用されているようです。投資した当初に
比較的多くの便益を受け、だんだんと逓減していくような状況ももちろんある
のでしょうけれども、毎期一定の便益を受けるという説明は比較的納得しやす
いのだと思います。

フォーチュン誌の2008年度売上高上位100社中、IFRS採用企業は49であるが、
定額法を採用している企業は38社で、主に定額法を採用している企業は5社と
のことです。

(つづく)

会計コンサルティングはこちら
http://k.d.combzmail.jp/t/2732/90gfdmv0lgfjsdahi1

決算直前新会計基準セミナーはこちら
http://k.d.combzmail.jp/t/2732/90gfemv0lgfjsdahi1

===================================
3.[最新J-GAAP&IFRS]収益認識
===================================
先週の設例

***********************************
【オンライン・ゲーム内におけるポイントの販売収益】
インターネット上において運営しているオンライン・ゲームのサービスを提供
する企業は、ユーザーに対してポイントを販売し、ポイントを購入したユーザ
ーはゲーム内の仮想空間において当該ポイントを使用して仮想上の物品を購入
する。なお、ユーザーに販売したポイントについて返金の義務はなく、ポイン
トの有効期限もない旨がユーザーとの規約上において明記されている。
***********************************

考えられる方法は三つあるんですが、お気づきになりますでしょうか?

(ア)ポイントを販売した時点で収益を認識する。
(イ)ポイントの利用により仮想上の物品を販売し、引渡した時点で収益を認
   識する。

ここまでは想像つきますよね。

もうひとつは、

(ウ)ユーザーによる当該仮想上の物品の見積総利用量に占める実際利用量の
   比率により収益を認識する。または、この方法の簡便法として利用期間
   を適切に見積もり、この見積利用期間にわたって定額で収益を認識する。

です。

【J-GAAP】
J-GAAPでは「役務の提供の完了」がいつなのか、が問題になるわけですが、そ
もそも、このオンライン・ゲームで企業が提供している役務は何なのか、確認
しなければなりません。

ポイントを販売することなのか、ポイントを利用して武器等々を販売すること
なのか、、、いずれも直接的ではないですよね。

この点につき、公認会計士協会の「研究報告」には「ユーザーがポイントと交
換に取得したオンライン・ゲーム内で利用可能な仮想上の物品を、オンライン
・ゲームの運営を通じてユーザーに利用させること」と書いてあります。

まあ、そんな感じなんでしょうね。僕は「オンライン・ゲーム内の仮想空間の
体験そのものを販売している」というところではないかと思っています。

J-GAAPでは、このように考えますので、三つめの(ウ)の方法が原則的な(!)
会計処理であるとされています。

(ア)のポイント販売時点において計上する方法は、ポイントの販売=上記のよ
うな役務提供完了、かつ、対価の成立と考えられるような状況であれば可能な
のかもしれませんが、そのような解釈が成り立つ状況は限定的であるとされて
います。

(イ)の仮想上の物品販売時点とする方法は、ユーザーによる仮想上の物品の
利用の態様や期間を合理的に見積もることが困難であるような場合で、実現主
義の考え方と大きく矛盾しないことを条件に採用できる会計処理であると考え
られています。

というわけで、「現行」J-GAAPも十分難しいですよね。来週にもつづけます。

(つづく)

会計コンサルティングはこちら
http://k.d.combzmail.jp/t/2732/90gffmv0lgfjsdahi1

決算直前新会計基準セミナーはこちら
http://k.d.combzmail.jp/t/2732/90gfgmv0lgfjsdahi1

===================================
4.[編集後記]
===================================
引っ越しました。といっても、子供の学校の関係で、もう一週間は元のところ
で過ごすんです。何もない状況なので、サバイバル生活になります。この話も
いずれ書きますね!
引っ越し大変です!もちろん業者に頼んだのですが、梱包作業は自分達でやり
ました。このため、当日は基本的に指示をすればよい状況でしたので、僕は朝
だけ挨拶して、普通に仕事に出て、妻に取り仕切ってもらいました。
まあ、業者も大手だし、問題ないだろうと思っていたら、4時半位だったと思
うのですが、妻から電話がかかってきて、「まだ、終了していない」とのこと
でした。実は、新しい家の前の道が非常にせまく、車がすれ違うのもかなり苦
労する位なので、旧居の前で4t車に積み込んだ荷物を、新居の近くで1.5t車に
積み直して、何回かピストンで運ぶ(!)とのことで、その積み直し作業に時
間がかかっているとのことでした。そんな風にやるんですね。
搬出は比較的順調で、午前中には難なく終了したのですが、結局、搬入を始め
たのは、5時半位だったと思います。
僕も一旦旧居に帰りましたが、すぐおばあちゃんに作ってもらったおにぎりも
って、新居に駆けつけました。僕が着いたのは8時位でしたが、作業が終了した
のは結局8時半位だったと思います。
引っ越し大変です!

━[ご質問・ご相談等お待ちしております!]━━━━━━━━━━━━━━━
本メルマガでは、より皆様のお役に立てる情報を配信したいと考えております
ので、普段の決算・経理・税務実務全般について、ご質問、ご相談等ございま
したら、どんな小さなことでも結構ですので、是非教えてください。必ず何ら
かのご回答差し上げます。
info@expertslink.jp
━━━━━━━━━━━━━━[ご質問・ご相談等お待ちしております!]━━

━[無料会計セミナーのお知らせ]━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■(3月25日)決算直前新会計基準セミナー(無料)
───────────────────────────────────
決算も間近ですね。金融商品の時価開示、賃貸等不動産の時価開示大丈夫です
か?資産除去債務やマネジメント・アプローチも一緒におさらいしませんか?
残席わずか!
詳細はこちら
http://k.d.combzmail.jp/t/2732/90gfhmv0lgfjsdahi1
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━[無料会計セミナーのお知らせ]━━

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
*発行人: エキスパーツリンク
 公認会計士・税理士・公認内部監査人(CIA) 紺野良一
*URL: http://k.d.combzmail.jp/t/2732/90gfimv0lgfjsdahi1
 →決算・開示サポート、内部統制、会計に強い税理士をお求めならこちら
*ブログ:http://k.d.combzmail.jp/t/2732/90gfjmv0lgfjsdahi1
*E-mail:
 →不動産鑑定士さんもご紹介しています。賃貸等不動産の時価等開示の準
  備、大丈夫ですか?
 →転送はご自由に!
*解除はこちらから
 → http://k.d.combzmail.jp/t/2732/90gfkmv0lgfjsdahi1
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


税理士法人エキスパーツリンク > ニュース > accounting journalバックナンバー > 【Weekly accounting journal】vol.21