新型コロナウィルス感染症支援策についてのまとめ

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆vol.50-2010.10.12
      
   ☆☆☆ Weekly Accounting Journal ☆☆☆

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
こんにちは、エキスパーツリンク/エキスパーツ税理士法人の紺野です。日本
の会計基準はIFRSに近づき(コンバージェンス)、さらにその後IFRSが強制適
用(アドプション)されます。一方で税制も改正されており、上場会社及び上場
準備会社の決算・経理実務は今後も引き続き、目まぐるしく変化していきます。
これらのエッセンスを出来る限り、分かりやすくお伝えします。仕事の合間に
軽くどうぞ!

文中意見にわたる部分は僕の私見にもとづきます。このメールマガジンの情報
をもとに実務に適用される場合には、監査法人さんや顧問税理士さん等にご確
認ください。もちろん、エキスパーツリンク/エキスパーツ税理士法人でもま
ずは無料で検討させていただきます。

━[エキスパーツ税理士法人からのお知らせ]━━━━━━━━━━━━━━━
■『らくらく会社設立』で簡単、安心の起業!
───────────────────────────────────
エキスパーツ税理士法人では、起業家の皆さまのための創業・独立支援
『らくらく会社設立』
をスタートします。

税理士・公認会計士が直接面談、アドバイスを行い、設立費用は、登記費用等
込で248,000円均一(内、報酬は46,000円)。また、税務顧問契約もご締結いた
だける場合は、報酬一か月分を無料とさせていただきます!

詳しくはこちら
http://k.d.combzmail.jp/t/2732/9098x1y0pgee6gedku

読者の皆さまで会社設立をお考えの方は、是非ご検討ください。また、お知り
合い等で会社設立をお考えの方がいらっしゃいましたら是非ご紹介くださいま
せ。
━━━━━━━━━━━━━━[エキスパーツ税理士法人からのお知らせ]━━

━[エキスパーツリンクからのお知らせ]━━━━━━━━━━━━━━━━━
■月5万円からの会計コンサルティング、または、最新J-GAAP、IFRSのわかる
税理士による税務顧問のご提案
───────────────────────────────────
最近の会計は複雑で、困難な見積りや判断を伴うことも多く、また、IFRSの適
用など、上場会社といえども対応は困難です。
エキスパーツリンクでは公認会計士による会計コンサルティングを行っていま
す。また、もちろん税務顧問としてのご契約のなかでも最新J-GAAP、IFRS関係
のご相談に対応しています。
・IFRSプロジェクトのアドバイザーが欲しい。
・ちょっと相談できる相手が欲しい。
・日ごろから専門家に見てもらわないと不安だ。
・忙しい。ただ、人を採用するとコストがかかる。
・IFRSはなるべくコストを抑えて対応したい。
・税金・税効果会計を丸投げしたい。
・税理士も最新J-GAAPやIFRSを理解してもらわないと困る。
こんな場合、ぜひご連絡を!
詳細はこちら
http://k.d.combzmail.jp/t/2732/9098y1y0pgee6gedku
━━━━━━━━━━━━━━━━━[エキスパーツリンクからのお知らせ]━

◆◇今週のCONTENTS◆◇
1.[IFRS]Post-2011 Work plan
2.[税務]期限切れ欠損金がいくらだか、わからない!
3.[IFRS]無形資産(その5)
4.[IFRS]クイズ3
5.[編集後記]

===================================
1.[IFRS]Post-2011 Work Plan
===================================
平成22年8月31日ですからちょっと前ですね。IFRS諮問会議(旧SAC)は、IASB議
長に対して、2011年6月以後のIASBの活動方針につき、提言を出しています。

これを要約してお伝えします。

詳細はこちら
http://k.d.combzmail.jp/t/2732/9098z1y0pgee6gedku

(基本方針)
コンバージェンスはもはや主要な課題ではない。IFRSを既に採用した、あるい
は採用を予定している方々への支援を充実すべき。

資本市場参加者の財務報告に関するニーズを支援するという現在の目的は維持
すべき

(短期あるいは中期目標)
夥しい数の新会計基準やその改正に対応しなければならないような時期はもう
終わりにして、これからは落ち着いた期間を設けて、適用上の問題を解決する
準備をすべき。また、緊急性の高い重要な問題に対処できるような余力を確保
すべき。

基準が適切な程度の継続性をもって解釈、適用され、意図した結果をもたらし
ていることを評価することに資源を配分すべき

概念フレームワークの完成や開示フレームワークの開発を促進すべき

将来財務報告に影響を与えそうなことがらに注視すべき

(相互作用)

IFRSとIFRS for SME’sとの関係を管理すべき。

特にユーザーや新興市場への現在の活動を継続すべき

簡単にいうと、これからは米国基準とのコンバージェンス活動はひと段落し、
各国での適用状況に目を配って行きなさい。ということですね。米国基準がど
のように影響したのか、検証が必要かなあ。

会計コンサルティングはこちら
http://k.d.combzmail.jp/t/2732/909801y0pgee6gedlu

===================================
2.[税務] 期限切れ欠損金がいくらだか、わからない!
===================================
とうとう清算所得課税が廃止されましたね。

なにかと変わっていますので、注意が必要ですね。

おさらいします。

平成22年10月1日以後に解散した場合は、新しい制度のもとでの対応が必要に
なります。

従来は
「残余財産の価額-(解散時の資本金等の額+解散時の利益積立金等)=清算所
得」
とする財産法の考え方でしたが、

今後は
「収益(益金)-費用(損金)=所得」
という損益法の考え方になりました。

すると、多額の債務がある場合には、債務免除益が多額に計上されて、所得
が発生してしまうのでは?という疑問が出てくるのですが

青色欠損金を有している場合はこれを利用できますし、これで足りない場合に
は、期限切れ欠損金を復活させることができるのです。

でも、解散、清算するような段階になると、実務上、混乱していたり、長年放
置されていたりして、そもそも「これまで繰り越された欠損金額」が記録され
ておらず、不明であることが多いようです。

こんなとき、困ってしまうわけです。

でもこんなときのために、別表五(一)の「期首利益積立金額」のマイナス数値
を期限切れ欠損金として利用できるとしています(法基通12-3-2)。

青色欠損金を利用して足りない分はこの期首利益積立金額のマイナス分を利用
すればよいわけです。

従って、債務超過であって、債務免除益が計上された場合に、課税される事態
はあまりないのではないかと思いますけど、交際費など会計上費用でも社外流
出してしまって損金算入されていなければ利益積立金のマイナス金額は会計上
の利益剰余金のマイナス金額ほどにはならないでしょうから、課税されること
もありうるのでしょうね。

注意が必要です。

会計コンサルティングはこちら
http://k.d.combzmail.jp/t/2732/909811y0pgee6gedlu

===================================
3.[IFRS]無形資産(その5)
===================================
日本では、研究開発費は発生時の費用。

IFRSでは、研究と開発を区別し、開発費は資産計上が認められる。

という話は結構知られています。

具体的には、以下のすべてが立証可能な開発費につき、資産として認識される
べきであるとされています。

・使用又は売却に関する技術的実行可能性
・使用又は売却に関する企業の意図
・使用又は売却に関する能力
・将来の蓋然性の高い経済的便益を創設する方法(※1)
・使用又は売却に関する技術上、財務上、及びその他の資源の利用可能性(※2)
・開発期間中の無形資産に起因する支出を測定できる能力(※3)

※1
固定資産の減損の判断と一緒です。つまり、将来のキャッシュ・フローにより
回収可能であることが必要なのです。この見積期間は5年を超えてはならない
こととされています。

※2
資源の利用可能性は、事業計画により裏付けられる必要があります。

※3
従業員のタイムカードなどに基づき、この開発プロジェクトに要した時間など
が集計できることが必要になります。

これらの立証ができない場合、認識できないわけです。資産計上の立証が困難
な場合も多いのでは?とすると、従来となにも変わらないですね。

会計コンサルティングはこちら
http://k.d.combzmail.jp/t/2732/909821y0pgee6gedlu

===================================
4.[IFRS]クイズ3
===================================
───────────────────────────────────
[問3]
IFRSで、小売が永久ポイントを顧客に付与し、顧客は、そのポイントを商品と
引き換えることが可能という場合、

・付与したポイント総数は100
・1ポイントの公正価値は1円
・将来のポイント使用見込み80、これと引き換えの商品の原価見込み60円
であるとき、ポイントを付与した段階で決算を迎えた場合、会計処理はどうな
りますか?
───────────────────────────────────
[答]
a.60円の引当を計上    → http://k.d.combzmail.jp/t/2732/909831y0pgee6gedlu
b.80円の収益を繰り延べる → http://k.d.combzmail.jp/t/2732/909841y0pgee6gedlu
c.100円の収益を繰り述べる → http://k.d.combzmail.jp/t/2732/909851y0pgee6gedlu

[前回解説]
前回の正答率は36.8%でした。フリーレントの場合、解約の可能性が高い、又は
相当程度の不確実性があると判断される場合を除き、契約金額をフリーレント
期間を含む契約期間にわたって均等に按分して収益を認識します。

会計コンサルティングはこちら
http://k.d.combzmail.jp/t/2732/909861y0pgee6gedlu

===================================
5.[編集後記]
===================================
今度はアオムシだあ。

シマトネリコにアオムシを発見。体長約8cm。結構デカい。綺麗な緑色で、触角
のようなつのあり。

「気持ち悪い。」と思いつつ、もしかしたら、綺麗なアゲハ蝶にでもなるのか
も。と思い、しばらく放置。

数日後、なんと、二匹目発見。これはもう10cmを超えている。シマトネリコの
葉っぱもかなり食い荒らされている。家族は騒然。

本当にきれいな蝶々になるのか、と思い、インターネットで調査。似たような
状況を綴ったブログ等から、蝶ではなく、シモフリスズメという蛾の幼虫であ
ることが発覚。成虫もかなり気持ち悪い。もう蛾の中の蛾、という感じ。

早速駆除。もういないと信じたいが、卵がまだあるのかもしれない、、、。

すみません。気持ち悪い話でした。

━[ご要望をお寄せください!]━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
エキスパーツリンクでは、少しでも皆様のお役に立ちたいと考えております。
「こんな研修をやって欲しい」
「こんな仕事できないか」
「こんな記事をメルマガで書いて欲しい」
等のご要望がありましたら、是非教えてください。また、「上場会社経理ネッ
トワーク」に関する皆様のご要望等ございましたら、是非お教えください。
必ず何らかのご回答差し上げます。
info@expertslink.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━[ご要望をお寄せください!]━━

━[ご質問・ご相談等お待ちしております!]━━━━━━━━━━━━━━━
本メルマガでは、より皆様のお役に立てる情報を配信したいと考えております
ので、普段の決算・経理・税務実務全般について、ご質問、ご相談等ございま
したら、どんな小さなことでも結構ですので、是非教えてください。必ず何ら
かのご回答差し上げます。
info@expertslink.jp
━━━━━━━━━━━━━━[ご質問・ご相談等お待ちしております!]━━
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
*発行人: エキスパーツリンク
 公認会計士・税理士・公認内部監査人(CIA) 紺野良一
*URL: http://k.d.combzmail.jp/t/2732/909871y0pgee6gedlu
 →決算・開示サポート、内部統制、会計に強い税理士をお求めならこちら
*ブログ:http://k.d.combzmail.jp/t/2732/909881y0pgee6gedlu
*会社設立をお考えなら: http://k.d.combzmail.jp/t/2732/909891y0pgee6gedlu
*E-mail:
 →不動産鑑定士さんもご紹介しています。賃貸等不動産の時価等開示の準
  備、大丈夫ですか?
 →転送はご自由に!バンバン転送しちゃってください。
*解除はこちらから
 → http://k.d.combzmail.jp/t/2732/9098a1y0pgee6gedlu
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


税理士法人エキスパーツリンク > ニュース > accounting journalバックナンバー > 【Weekly accounting journal】vol.50