◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆vol.59-2010.12.14
      
   ☆☆☆ Weekly Accounting Journal ☆☆☆

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
こんにちは、エキスパーツリンク/エキスパーツ税理士法人の紺野です。日本
の会計基準はIFRSに近づき(コンバージェンス)、さらにその後IFRSが強制適
用(アドプション)されます。一方で税制も改正されており、上場会社及び上場
準備会社の決算・経理実務は今後も引き続き、目まぐるしく変化していきます。
これらのエッセンスを出来る限り、分かりやすくお伝えします。仕事の合間に
軽くどうぞ!

文中意見にわたる部分は僕の私見にもとづきます。このメールマガジンの情報
をもとに実務に適用される場合には、監査法人さんや顧問税理士さん等にご確
認ください。もちろん、エキスパーツリンク/エキスパーツ税理士法人でもま
ずは無料で検討させていただきます。

━[エキスパーツリンクからのお知らせ]━━━━━━━━━━━━━━━━━
■月5万円からの会計コンサルティング、または、最新J-GAAP、IFRSのわかる
税理士による税務顧問のご提案
───────────────────────────────────
最近の会計は複雑で、困難な見積りや判断を伴うことも多く、また、IFRSの適
用など、上場会社といえども対応は困難です。
エキスパーツリンクでは公認会計士による会計コンサルティングを行っていま
す。また、もちろん税務顧問としてのご契約のなかでも最新J-GAAP、IFRS関係
のご相談に対応しています。
・IFRSプロジェクトのアドバイザーが欲しい。
・ちょっと相談できる相手が欲しい。
・日ごろから専門家に見てもらわないと不安だ。
・忙しい。ただ、人を採用するとコストがかかる。
・IFRSはなるべくコストを抑えて対応したい。
・税金・税効果会計を丸投げしたい。
・税理士も最新J-GAAPやIFRSを理解してもらわないと困る。
こんな場合、ぜひご連絡を!
詳細はこちら
http://k.d.combzmail.jp/t/2732/909b1ry0qg2s8vlo8m
━━━━━━━━━━━━━━━━━[エキスパーツリンクからのお知らせ]━

◆◇今週のCONTENTS◆◇
1.[J-SOX]内部統制報告、相次ぐ訂正
2.[最新J-GAAP]包括利益の表示に関する会計基準
3.[IFRS]クイズ12
4.[編集後記]

===================================
1.[J-SOX]内部統制報告、相次ぐ訂正
===================================
内部統制の評価、本当に「有効」ですか?

細部にこだわり過ぎて本当に大切なところを見落としていませんか(木を見て
森を見ず)?
最初から内部統制が「有効」となるように調書作っているだけじゃないですか
(出来レース)?

かねてから二年目、三年目の効率化の話が出る度に違和感を感じていたのです
が、内部統制報告制度、本当に定着してきたといえるのでしょうか?

「内部統制は有効」といったん公表しながら不祥事発覚後に「重要な欠陥があ
る」と訂正する事例が相次いでいるようです。

http://k.d.combzmail.jp/t/2732/909b2ry0qg2s8vlo8m

「有効」とする内部統制報告書について監査で「適正」といっておきながら、その
後、訂正され、「重要な欠陥がある」とする内部統制報告書についても「適正」意
見が付されるというケースもあるようですね。なんでしょうね。これ?

当該制度が機能していたのかどうかについては個々の事情の検討が必要と思わ
れますが、このような状況であるにも関わらず、何度かお伝えしているように、
企業会計審議会では簡素化、効率化が検討されています。

市場の魅力向上のためには、上場コストの低減が必要なのはわかります。

しかし、そんな簡単に全社統制や業務プロセス統制の評価につき、前年が「有効
」だったからって省略していいのか?そもそも本当に「有効」なのか?

この内部統制報告制度の良しあしはともかく、COSOのモデルは結構よくできて
いると感じています。今一度、このモデルの志向するところに立ち返って、本
当の意味で自浄作用が働いているのかどうか、是非、再度見直してみてくださ
い。

会計コンサルティングはこちら
http://k.d.combzmail.jp/t/2732/909b3ry0qg2s8vlo8m

===================================
2.[最新J-GAAP]包括利益の表示に関する会計基準
===================================
企業会計審議会は、平成22年11月30日、公開草案「包括利益の表示に関する会
計基準(案)及び関連する会計基準等の改正(案)」主なコメントの概要とそれら
に対する対応を公表しました。

http://k.d.combzmail.jp/t/2732/909b4ry0qg2s8vlo8m

また、金融庁は、企業会計基準第25号「包括利益の表示に関する会計基準」
を金融庁長官が定める企業会計の基準に指定しました。

http://k.d.combzmail.jp/t/2732/909b5ry0qg2s8vlo8m

同会計基準は6月に公表されています。

改めて確認しておきたいのは、以下の(公開草案に対する)コメントです。

———————————————————————-
「貸借対照表の資本が親会社株主持分に限定されている規定を残したままで包
括利益を導入すると、資本取引の持分所有者の定義が一貫せず、会計基準の整
合性から大きな問題が生じるため、財務諸表の理解可能性や比較可能性をかえ
って損なわせる。」
———————————————————————-
包括利益の定義をもう一度みてみましょう。

———————————————————————-
「包括利益」とは、ある企業の特定期間の財務諸表において認識された純資産
の変動額のうち、当該企業の純資産に対する持分所有者との直接的な取引によ
らない部分をいう。
当該企業の純資産に対する持分所有者には、当該企業の株主のほか当該企業の
発行する新株予約権の所有者が含まれ、連結財務諸表においては、当該企業の
子会社の少数株主も含まれる。
———————————————————————-

なるべくシンプルに考えてみましょう。

70%の子会社が保有するその他有価証券の含み益が以下のように変動したとし
ます。実効税率は40%。親会社が当該子会社を取得したときのこの有価証券の
時価は、当該子会社がこの有価証券を取得したときの価額と一致していたもの
とします。

期首 +500
期末 +300

税引後で考えると、

期首  +300
期末  +180
差引 △120

この「差引」額のうち、
親会社持分は70%ですから△84
少数株主持分は30%ですから△36

ということになります。

この場合、包括利益計算書では

その他の包括利益:
 その他有価証券評価差額金  △120

となるのですが、

貸借対照表の
その他有価証券評価差額金は
期首 +210
期末 +126

となり、その差額は△84ということになります。

つまり、包括利益計算書で、少数株主損益調整前当期純利益に加減される包括
利益には、親会社持分のみならず、少数株主持分も含んでいるのですが、

貸借対照表では、従来どおり、その他有価証券評価差額金は親会社持分のみ計
上されるので、期首と期末の変動額も当然親会社持分変動額のみということに
なるのです。

なんか中途半端なんですよね。

会計コンサルティングはこちら
http://k.d.combzmail.jp/t/2732/909b6ry0qg2s8vlo8m

===================================
3.[IFRS]クイズ12
===================================
———————————————————————-
[問12]
IFRS適用下の日本で、100百万円の開発費につき、J-GAAP上、費用処理したも
のを、IFRSでは資産計上するとします(償却開始は×0年4月1日から)。これに
より×1年3月決算の最終利益はいくら改善されるでしょう? 開発費は五年の
定額法で償却するものとします。実効税率は40%。
———————————————————————-

[答]
a.20百万円 →http://k.d.combzmail.jp/t/2732/909b7ry0qg2s8vlo8m
b.80百万円 →http://k.d.combzmail.jp/t/2732/909b8ry0qg2s8vlo8m
c.48百万円 →http://k.d.combzmail.jp/t/2732/909b9ry0qg2s8vlo8m

[前回解説]
前回の正解はc。
正答率は27.2%でした。

現金預金 1,000百万円 / 資本金 500百万円
             資本剰余金 500百万円
資本剰余金 12百万円 / 現金預金 20百万円
繰延税金資産 8百万円

という仕訳になるはずです。
会計コンサルティングはこちら
http://k.d.combzmail.jp/t/2732/909bary0qg2s8vlo8m

===================================
4.[編集後記]
===================================
実は最近毎朝ウォーキングorジョギングをしていました。朝5時40分位に起き
て、6時位から軽く走って、近所のお地蔵様と神社にお参りして、ゴミだしと
かやって。なかなか爽快で、体調も良くなっていくのを感じていました。

きっかけは、夏のラジオ体操ですね。夏になると、朝早く小学校でラジオ体操
やるじゃないですか。あれに何気なく参加して、体操したんですけど、恥かし
ながら、筋肉痛になりまして。オイオイ、ラジオ体操で筋肉痛かよ!と、かな
り情けなくなりまして。一念発起。ウォーキングから始め、ジョギングするよ
うになったのですが、三か月位続いて、このままずっと続けたいなと思ってい
ました。

しかし、最近、両の膝と左の踵をいためてしまい、歩いていても痛みを感じる
位になってきまして、これはちょっと休んだほうがいいなと思い、ここ3日位
走っていません。

少し様子をみて、良くなったらウォーキングを再開したいと思います。

今日、地域主催のこどもマラソン大会があって、大人も参加できるんですけど、
ウチの子は参加したのですが、僕は残念ながら、参加できませんでした。来年
はどうにか回復して、参加したいと思います。

━[貴社の問題解決に決算・開示アウトソーシング]━━━━━━━━━━━━
毎回、深夜残業して、土日もつぶしてやっているのに、いつも開示は遅れ気味
で監査の指摘も多い。ただ人員はもう増やせない。
決算・開示を切り盛りしていた人間が突然ダウンしてしまった。

こんなとき、エキスパーツリンクのアウトソーシングなら人員を増やすよりも
安価に体制の補強を図ることが出来ます。公認会計士が行いますので監査の通
りもいいというご評価もいただいています。

お問い合わせはこちらから
E-MAIL 
━━━━━━━━━━━━[貴社の問題解決に決算・開示アウトソーシング]━
━[エキスパーツ税理士法人からのお知らせ]━━━━━━━━━━━━━━━
■『らくらく会社設立』で簡単、安心の起業!
───────────────────────────────────
エキスパーツ税理士法人では、起業家の皆さまのための創業・独立支援
『らくらく会社設立』
をスタートします。

税理士・公認会計士が直接面談、アドバイスを行い、設立費用は、登記費用等
込で248,000円均一(内、報酬は46,000円)。また、税務顧問契約もご締結いた
だける場合は、報酬一か月分を無料とさせていただきます!

詳しくはこちら
http://k.d.combzmail.jp/t/2732/909bbry0qg2s8vlo8m

読者の皆さまで会社設立をお考えの方は、是非ご検討ください。また、お知り
合い等で会社設立をお考えの方がいらっしゃいましたら是非ご紹介くださいま
せ。
━━━━━━━━━━━━━━[エキスパーツ税理士法人からのお知らせ]━━

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
*発行人: エキスパーツリンク
 公認会計士・税理士・公認内部監査人(CIA) 紺野良一
*URL: http://k.d.combzmail.jp/t/2732/909bcry0qg2s8vlo8m
 →決算・開示サポート、内部統制、会計に強い税理士をお求めならこちら
*ブログ:http://k.d.combzmail.jp/t/2732/909bdry0qg2s8vlo8m
*会社設立をお考えなら: http://k.d.combzmail.jp/t/2732/909bery0qg2s8vlo8m
*E-mail:
 →不動産鑑定士さんもご紹介しています。賃貸等不動産の時価等開示の準
  備、大丈夫ですか?
 →転送はご自由に!バンバン転送しちゃってください。
*解除はこちらから
 → http://k.d.combzmail.jp/t/2732/909bfry0qg2s8vlo8m
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


税理士法人エキスパーツリンク > ニュース > accounting journalバックナンバー > 【Weekly accounting journal】vol.59