◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆vol.71-2011.03.08
      
  ☆☆☆ Weekly Accounting Journal ☆☆☆

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
こんにちは、エキスパーツリンク/エキスパーツ税理士法人の紺野です。日本
の会計基準はIFRSに近づき(コンバージェンス)、さらにその後IFRSが強制適
用(アドプション)されます。一方で税制も改正されており、上場会社及び上場
準備会社の決算・経理実務は今後も引き続き、目まぐるしく変化していきます。
これらのエッセンスを出来る限り、分かりやすくお伝えします。仕事の合間に
軽くどうぞ!

文中意見にわたる部分は僕の私見にもとづきます。このメールマガジンの情報
をもとに実務に適用される場合には、監査法人さんや顧問税理士さん等にご確
認ください。もちろん、エキスパーツリンク/エキスパーツ税理士法人でもま
ずは無料で検討させていただきます。

━[エキスパーツリンクからのお知らせ]━━━━━━━━━━━━━━━━━
■月5万円からの会計コンサルティング、または、最新J-GAAP、IFRSのわかる
税理士による税務顧問のご提案
───────────────────────────────────
最近の会計は複雑で、困難な見積りや判断を伴うことも多く、また、IFRSの適
用など、上場会社といえども対応は困難です。
エキスパーツリンクでは公認会計士による会計コンサルティングを行っていま
す。また、もちろん税務顧問としてのご契約のなかでも最新J-GAAP、IFRS関係
のご相談に対応しています。
・IFRSプロジェクトのアドバイザーが欲しい。
・ちょっと相談できる相手が欲しい。
・日ごろから専門家に見てもらわないと不安だ。
・忙しい。ただ、人を採用するとコストがかかる。
・IFRSはなるべくコストを抑えて対応したい。
・税金・税効果会計を丸投げしたい。
・税理士も最新J-GAAPやIFRSを理解してもらわないと困る。
こんな場合、ぜひご連絡を!
詳細はこちら
http://www.expertslink.jp/service/kaikei.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━[エキスパーツリンクからのお知らせ]━

◆◇今週のCONTENTS◆◇
1.[IFRS]日本板硝子株式会社のIFRS財務諸表を読んでみよう!
2.[最新J-GAAP]「収益認識の論点整理」を読んでみよう!
3.[税務]平成23年度税制改正(案)のポイント
4.[最新J-GAAP] 金融負債の分類及び測定の検討状況の整理
5.[編集後記]

===================================
1.[IFRS]日本板硝子株式会社のIFRS財務諸表を読んでみよう!
===================================
日本板硝子株式会社は2011年4月1日からの事業年度において、IFRSに移行する
ことを表明していますが、2011年2月25日、2010年3月31日の開始貸借対照表、
及び2011年3月31日までの期間の予想損益計算書につき説明する資料を公表し
ています。

http://www.nsg.co.jp/ir/library/presentation.html

ちゃんと説明していて、勉強になりますね。

これによると、2010年3月31日の開始貸借対照表は、

資産 J-GAAP 933,721百万円⇒IFRS 945,419百万円
負債 J-GAAP 693,790百万円⇒IFRS 745,514百万円
資本 J-GAAP 239,931百万円⇒IFRS 199,905百万円

となっています。

概ねこのメルマガでも過去紹介しているものが多いかと思っていますが、興
味を引いたものを紹介します。

まずは、「手形の流動化」です。
流動資産と流動負債に1,048百万円ずつ、両建てで計上されています。

これは、「日本における手形流動化について、金融機関への売却後も継続的
な関与が存在するため、資産と負債の両建てで計上。(IAS第39号30項・31
項)」とのことです。

日本では、割引時に
現預金 ××× / 受取手形 ×××
手形売却損 ××× / 保証債務 ×××
保証債務費用 ×××
となりますが、

IFRSでは、割引時に
現預金 ××× / 金融負債 ×××
となるんですね。

会計コンサルティングはこちら
http://www.expertslink.jp/service/kaikei.html

===================================
2.[最新J-GAAP]「収益認識の論点整理」を読んでみよう!
===================================
引き続き、契約負債と受取債券についてみてみましょう。以下のような例です。

**********************************************************************
・1 月1 日に、企業が製品を顧客に3 月31 日に移転する契約を結ぶ。
・その契約は、顧客が1 月31 日に 1,000 千円の対価を前払することを要求し
ている(なんか読みにくいかもしれませんが、1月31日に請求書を出すようなイ
メージと思ってよさそうです。)。
・その契約は解約不能である。
・顧客は2 月15 日に支払を行い、企業は製品を3 月31 日に移転する。
**********************************************************************
1月31日の仕訳、どうなるでしょうか?

受取債権 1,000百万円 / 契約負債 1,000百万円

なんですよ。今までにない仕訳ですよね。

2月15日

現金預金 1,000百万円 / 受取債権 1,000百万円

3月31日

契約負債 1,000百万円 / 収益 1,000百万円

これら二つの仕訳はいいですよね。

もしこの契約が解約可能であったなら、1月31日のあの仕訳は起きないとして
います。

会計コンサルティングはこちら
http://www.expertslink.jp/service/kaikei.html

===================================
3.[税務] 平成23年度税制改正(案)のポイント
===================================
財務省は、平成23年2月、「平成23年度税制改正(案)のポイント」を公表しまし
た。

http://www.mof.go.jp/jouhou/syuzei/zeiseian11.htm

これ、紹介してないですよね。

「消費税の免税事業者の要件の見直し(案)」

消費税の課税売上高が上半期で10百万円を超える場合には、その翌期から課税
事業者となるよう免税事業者の要件を見直します。ただし、課税売上高に代え
て支払給与の額で判定することもできることとします。
※ その年又はその事業年度が平成24年10月1日以後に開始するものについて
適用します。

ということです。

従来は、×0年の売上が9百万円なら、×1年の売上が30百万円でも、×1年も、
×2年も免税事業者でした。

ですが、今後は、×1年の売上が、上半期で10百万円を超える場合、×2年から
課税事業者になるわけです。

気をつけないと。

会計コンサルティングはこちら
http://www.expertslink.jp/service/kaikei.html

===================================
4.[最新J-GAAP] 金融負債の分類及び測定の検討状況の整理
===================================
企業会計基準委員会は、平成23年2月25日、「金融商品会計基準(金融負債の分
類及び測定)の見直しに関する検討状況の整理」を公表しています。

https://www.asb.or.jp/asb/asb_j/documents/summary_issue/kinsho-kentojokyo_2011/

ここでは紹介にとどめますが、公正価値オプションや複合商品など、論点満載
です。

会計コンサルティングはこちら
http://www.expertslink.jp/service/kaikei.html

===================================
5.[編集後記]
===================================
またもウサギねたで恐縮です。
うちのウサギの「ココちゃん」は相変わらず元気で活発です。
この可愛いウサギですが、今、結構人気あるようですね。耳のたれたホーラン
ドロップなどは人気急上昇なようです。
明治時代のはじめにも、ウサギブームがあったようで、投機目的でのウサギ飼
育が大ブームだったそうです。そのあまりの熱の入りように傷害事件が起きた
りしたほどだったようで、一匹につき1円(今なら一万円以上)の「ウサギ税」
がかけられていたことがあったそうです。
「税金クイズ」に使えそうなウサギよもやま話でした。

━[貴社の問題解決に決算・開示アウトソーシング]━━━━━━━━━━━━
毎回、深夜残業して、土日もつぶしてやっているのに、いつも開示は遅れ気味
で監査の指摘も多い。ただ人員はもう増やせない。
決算・開示を切り盛りしていた人間が突然ダウンしてしまった。

こんなとき、エキスパーツリンクのアウトソーシングなら人員を増やすよりも
安価に体制の補強を図ることが出来ます。公認会計士が行いますので監査の通
りもいいというご評価もいただいています。

お問い合わせはこちらから
E-MAIL 
━━━━━━━━━━━━[貴社の問題解決に決算・開示アウトソーシング]━
━[エキスパーツ税理士法人からのお知らせ]━━━━━━━━━━━━━━━
■『確定申告』もお任せください。
───────────────────────────────────
エキスパーツ税理士法人では、もちろん、個人の確定申告にも対応しています。
・不動産所得、事業所得をお持ちの方
・住宅ローン控除や医療費控除をお考えの方
・複数から給与を受領している。
等々。料金は数千円からお見積りいたします。
ご相談はこちら
E-MAIL 

━━━━━━━━━━━━━━[エキスパーツ税理士法人からのお知らせ]━━

━[エキスパーツ税理士法人からのお知らせ]━━━━━━━━━━━━━━━
■『らくらく会社設立』で簡単、安心の起業!
───────────────────────────────────
エキスパーツ税理士法人では、起業家の皆さまのための創業・独立支援
『らくらく会社設立』
をスタートします。

税理士・公認会計士が直接面談、アドバイスを行い、設立費用は、登記費用等
込で248,000円均一(内、報酬は46,000円)。また、税務顧問契約もご締結いた
だける場合は、報酬一か月分を無料とさせていただきます!

詳しくはこちら
http://kaisya-start.com/

読者の皆さまで会社設立をお考えの方は、是非ご検討ください。また、お知り
合い等で会社設立をお考えの方がいらっしゃいましたら是非ご紹介くださいま
せ。
━━━━━━━━━━━━━━[エキスパーツ税理士法人からのお知らせ]━━

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
*発行人: エキスパーツリンク
 公認会計士・税理士・公認内部監査人(CIA) 紺野良一
*URL: http://www.expertslink.jp
 →決算・開示サポート、内部統制、会計に強い税理士をお求めならこちら
*ブログ:http://expertslink.cocolog-nifty.com/blog/
*会社設立をお考えなら: http://kaisya-start.com/
*E-mail:
 →不動産鑑定士さんもご紹介しています。賃貸等不動産の時価等開示の準
  備、大丈夫ですか?
 →転送はご自由に!バンバン転送しちゃってください。
*解除はこちらから
 → http://expertslink.jp/mailmaga.html
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


税理士法人エキスパーツリンク > ニュース > accounting journalバックナンバー > 【Weekly accounting journal】vol.71