◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆vol.78-2011.04.26
      
  ☆☆☆ Weekly Accounting Journal ☆☆☆

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
こんにちは、エキスパーツリンク/エキスパーツ税理士法人の紺野です。日本
の会計基準はIFRSに近づき(コンバージェンス)、さらにその後IFRSが強制適
用(アドプション)されます。一方で税制も改正されており、上場会社及び上場
準備会社の決算・経理実務は今後も引き続き、目まぐるしく変化していきます。
これらのエッセンスを出来る限り、分かりやすくお伝えします。仕事の合間に
軽くどうぞ!

文中意見にわたる部分は僕の私見にもとづきます。このメールマガジンの情報
をもとに実務に適用される場合には、監査法人さんや顧問税理士さん等にご確
認ください。もちろん、エキスパーツリンク/エキスパーツ税理士法人でもま
ずは無料で検討させていただきます。

━[エキスパーツリンクからのお知らせ]━━━━━━━━━━━━━━━━━
■月5万円からの会計コンサルティング、または、最新J-GAAP、IFRSのわかる
税理士による税務顧問のご提案
───────────────────────────────────
最近の会計は複雑で、困難な見積りや判断を伴うことも多く、また、IFRSの適
用など、上場会社といえども対応は困難です。
エキスパーツリンクでは公認会計士による会計コンサルティングを行っていま
す。また、もちろん税務顧問としてのご契約のなかでも最新J-GAAP、IFRS関係
のご相談に対応しています。
・IFRSプロジェクトのアドバイザーが欲しい。
・ちょっと相談できる相手が欲しい。
・日ごろから専門家に見てもらわないと不安だ。
・忙しい。ただ、人を採用するとコストがかかる。
・IFRSはなるべくコストを抑えて対応したい。
・税金・税効果会計を丸投げしたい。
・税理士も最新J-GAAPやIFRSを理解してもらわないと困る。
こんな場合、ぜひご連絡を!
詳細はこちら
http://k.d.combzmail.jp/t/2732/a0zoxfv09il63dg4ge
━━━━━━━━━━━━━━━━━[エキスパーツリンクからのお知らせ]━

◆◇今週のCONTENTS◆◇
1.[税務]やっぱり出ましたね。災害損失特別勘定。
2.[IFRS]IFRSでは震災の影響をどう処理するのか?
3.[IFRS]IFRSのリースの範囲。ご存知ですか?
4.[編集後記]

===================================
1.[税務]やっぱり出ましたね。災害損失特別勘定。
===================================
前々回に阪神大震災のときの取り扱いをご紹介しましたが、今回もやはり同様
の取り扱いがなされるようです。

国税庁は、4月19日、『「東日本大震災の被災者等に係る国税関係法律の臨時
特例に関する法律案」の国会提出について』、4月29日「東日本大震災関係諸
費用(災害損失特別勘定など)に関する法人税の取扱いに係る質疑応答事例」、
「東日本大震災に関する諸費用の法人税の取扱いについて(法令解釈通達)」を
公表しています。

http://k.d.combzmail.jp/t/2732/a0zoyfv09il63dg4ge

このなかで、阪神のときの取り扱いと同様に、「災害損失特別勘定」制度が適
用される旨が明らかにされています。

災害損失特別勘定とは、

「法人税法上の取り扱いとして、災害により被害を受けた棚卸資産及び固定資
産の修繕等のために要する費用で、災害のあった日から1年以内に支出すると見
込まれるものとして適正に見積もることができるものについては、災害損失特
別勘定に繰り入れて、被災事業年度の損金の額に算入することができる」

というものです。

被災事業年度等における損金経理を要件としていますので、申告調整で減算す
るということは原則とてできません。また、明細書を添付する必要があるよう
です。

ただし、今回の通達の公表時に、すでに決算手続が完了している3月決算法人で、
災害損失特別勘定の損金経理をできなかったやむをえない事情がある場合は、
特例的に申告調整での損金算入を認めるとされています。

災害損失特別勘定は、翌事業年度において全額を特崩して益金の額に算入しな
ければならないこととされています。

しかし、やむをえない事情により修繕等が完了しない場合に、修繕等が完了す
ると見込まれる日の属する事業年度等まで益金算入時期を延長するという特例
措置もあるようです。

詳細は上述の「質疑応答事例」をご参照ください。

一方で、以前紹介したように、日本公認会計士協会が出した文書では、そのな
かでは、被災した代理店、特約店等の取引先に対する見舞金、復旧支援費用
(債権の免除損を含む。)、被災した従業員、役員等に対する見舞金、ホテル
の宿泊代等の復旧支援費用については、「引当金の計上要件を満たさないのが
一般的と考えられる」とされています。

両者の区分にご注意ください。

会計コンサルティングはこちら
http://k.d.combzmail.jp/t/2732/a0zozfv09il63dg4ge

===================================
2.[IFRS]IFRSでは震災の影響をどう処理するのか?
===================================
IFRSでは震災の影響をどう処理するんでしょうか?

あらた監査法人が「IFRS Alert 東北地方太平洋沖地震による会計上の影響」
としてまとめてくれています。

http://k.d.combzmail.jp/t/2732/a0zo0fv09il63dg4he

ここでは、引当金につき、

「IAS37 号は将来の営業費用あるいは将来の営業回復費用に関する引当金の計
上を認めていません。損害修復および資産整理に要する費用は、発生するまで
は現在の債務ではないため、その発生前に引当計上すべきではありません。こ
れに対し、経営者は、将来に発生すると予想される整理費用の最善の見積りを
開示することができます。」

としています。これは「災害損失特別勘定」とはなじまないのではないでしょ
うか。

会計コンサルティングはこちら
http://k.d.combzmail.jp/t/2732/a0zo1fv09il63dg4he

===================================
3.[IFRS]IFRSのリースの範囲。ご存知ですか?
===================================
IFRSのリースについては、今公開草案が出されており、オペレーティング・リ
ースにも使用権モデルが適用され、資産負債計上されることになりそうですが、
これは最終基準が出てきた際により詳しく検討していきたいと思います。

ところで、このリース新基準においては、従来リースとして取り扱われていた
ものは概ねそのままリースとして取り扱われることになると言われています。

ここでちょっとJ-GAAPとの違いにつき、注意していただきたいのは、

IFRSでは、
・法的にリースの形式をとらないものの、リースとして取り扱われるもの
・法的形式がリース契約であっても、リースに該当しないもの
があるとされていることです。

まず前者についてですが、例えば、

ある自動車メーカーであるA社が、部品メーカーのB社と一定期間にわたりA社の
自動車製造に使用される部品を供給する契約を締結します。

B社は契約に従い、当該部品製造のための専用金型を製造します。B社は、当該契
約に定められる専用金型以外の金型を用いて部品を供給することはできません。

また、当該専用金型には特許技術が含まれているため、B社以外の第三者がA社に
当該部品を供給する可能性は非常に低く、A社は実質的に当該契約の金型により製
造される部品のすべてを取得します。

B社による部品の供給単価は産出物の市場価格よりも高く設定されています。

つまり、B社がA社に販売する部品の代金に、専用金型の投資額が含まれていると
いうことになります。

このような場合、契約にリースが含まれていると判断される可能性が高いといえ
ます。

ですから、A社で資産計上される可能性が高いということになるわけです!

次は後者ですが、例えば、
契約の主な目的が、資産の使用権の移転ではなく、税務上のメリットを得ること
であるような場合などが挙げられます。

リースとは思っていなくても、リースだとされたり、リースだと思っていたらリ
ースではない、なんてことが考えられるわけです。

前者の金型みたいなケース、結構あるのではないでしょうか。僕らの業界でも、
連結納税のソフトの導入コストは実質的にクライアントに拠出してもらうという
ようなこともあります。

ご注意ください。

会計コンサルティングはこちら
http://k.d.combzmail.jp/t/2732/a0zo2fv09il63dg4he

===================================
4.[編集後記]
===================================
腰を痛めました。
ばかでした。上の子をおんぶ、下の子をだっこして、階段を上って運んだんで
す。考えてみれば、合計すると50KG近いわけですから腰を痛めて当然ですよね。
自分の若さを過信した、というより、子供たちはまだまだ小さいというイメー
ジが強く、これ位、ついこの間まで全然平気でやっていたじゃないか、全く問
題ないよ、という意識で、やってしまいました。
運び終えた当初は全然問題なく、何事もなかったかのように一晩すぎ、翌朝は
普通に軽いジョギングなんかしていたのですが、昼ごろになって、激しく痛み
出しまして、自分では最初なぜこんなに痛いのか、見当もつかなかったのです
が、子供に指摘されて気づきました。あれが原因か、と。
痛み始めるともう起き上がれないほどになり、半日は臥せっていました。時間
がもったいなかったですね。その後2-3日は腰が引けたカッコ悪い歩き方をして
いました。
今はもう平気です。腰はいいのですが、子供たちが、もうおんぶやだっこでき
ない年になってきたかと思うと少しさびしい気がします。

━[貴社の問題解決に決算・開示アウトソーシング]━━━━━━━━━━━━
毎回、深夜残業して、土日もつぶしてやっているのに、いつも開示は遅れ気味
で監査の指摘も多い。ただ人員はもう増やせない。
決算・開示を切り盛りしていた人間が突然ダウンしてしまった。

こんなとき、エキスパーツリンクのアウトソーシングなら人員を増やすよりも
安価に体制の補強を図ることが出来ます。公認会計士が行いますので監査の通
りもいいというご評価もいただいています。

お問い合わせはこちらから
E-MAIL 
━━━━━━━━━━━━[貴社の問題解決に決算・開示アウトソーシング]━
━[エキスパーツ税理士法人からのお知らせ]━━━━━━━━━━━━━━━
■『確定申告』もお任せください。
───────────────────────────────────
エキスパーツ税理士法人では、もちろん、個人の確定申告にも対応しています。
・不動産所得、事業所得をお持ちの方
・住宅ローン控除や医療費控除をお考えの方
・複数から給与を受領している。
等々。料金は数千円からお見積りいたします。
ご相談はこちら
E-MAIL 

━━━━━━━━━━━━━━[エキスパーツ税理士法人からのお知らせ]━━

━[エキスパーツ税理士法人からのお知らせ]━━━━━━━━━━━━━━━
■『らくらく会社設立』で簡単、安心の起業!
───────────────────────────────────
エキスパーツ税理士法人では、起業家の皆さまのための創業・独立支援
『らくらく会社設立』
をスタートします。

税理士・公認会計士が直接面談、アドバイスを行い、設立費用は、登記費用等
込で248,000円均一(内、報酬は46,000円)。また、税務顧問契約もご締結いた
だける場合は、報酬一か月分を無料とさせていただきます!

詳しくはこちら
http://k.d.combzmail.jp/t/2732/a0zo3fv09il63dg4he

読者の皆さまで会社設立をお考えの方は、是非ご検討ください。また、お知り
合い等で会社設立をお考えの方がいらっしゃいましたら是非ご紹介くださいま
せ。
━━━━━━━━━━━━━━[エキスパーツ税理士法人からのお知らせ]━━

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
*発行人: エキスパーツリンク
 公認会計士・税理士・公認内部監査人(CIA) 紺野良一
*URL: http://k.d.combzmail.jp/t/2732/a0zo4fv09il63dg4he
 →決算・開示サポート、内部統制、会計に強い税理士をお求めならこちら
*ブログ:http://k.d.combzmail.jp/t/2732/a0zo5fv09il63dg4he
*会社設立をお考えなら: http://k.d.combzmail.jp/t/2732/a0zo6fv09il63dg4he
*E-mail:
 →不動産鑑定士さんもご紹介しています。賃貸等不動産の時価等開示の準
  備、大丈夫ですか?
 →転送はご自由に!バンバン転送しちゃってください。
*解除はこちらから
 → http://k.d.combzmail.jp/t/2732/a0zo7fv09il63dg4he
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


税理士法人エキスパーツリンク > ニュース > accounting journalバックナンバー > 【Weekly accounting journal】vol.78