◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆vol.86-2011.06.21
      
   ☆☆☆ Weekly Accounting Journal ☆☆☆

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
こんにちは、エキスパーツリンク/エキスパーツ税理士法人の紺野です。日本
の会計基準はIFRSに近づき(コンバージェンス)、さらにその後IFRSが強制適
用(アドプション)されます。一方で税制も改正されており、上場会社及び上場
準備会社の決算・経理実務は今後も引き続き、目まぐるしく変化していきます。
これらのエッセンスを出来る限り、分かりやすくお伝えします。仕事の合間に
軽くどうぞ!

文中意見にわたる部分は僕の私見にもとづきます。このメールマガジンの情報
をもとに実務に適用される場合には、監査法人さんや顧問税理士さん等にご確
認ください。もちろん、エキスパーツリンク/エキスパーツ税理士法人でもま
ずは無料で検討させていただきます。

━[エキスパーツリンクからのお知らせ]━━━━━━━━━━━━━━━━━
■月5万円からの会計コンサルティング、または、最新J-GAAP、IFRSのわかる
税理士による税務顧問のご提案
───────────────────────────────────
最近の会計は複雑で、困難な見積りや判断を伴うことも多く、また、IFRSの適
用など、上場会社といえども対応は困難です。
エキスパーツリンクでは公認会計士による会計コンサルティングを行っていま
す。また、もちろん税務顧問としてのご契約のなかでも最新J-GAAP、IFRS関係
のご相談に対応しています。
・IFRSプロジェクトのアドバイザーが欲しい。
・ちょっと相談できる相手が欲しい。
・日ごろから専門家に見てもらわないと不安だ。
・忙しい。ただ、人を採用するとコストがかかる。
・IFRSはなるべくコストを抑えて対応したい。
・税金・税効果会計を丸投げしたい。
・税理士も最新J-GAAPやIFRSを理解してもらわないと困る。
こんな場合、ぜひご連絡を!
詳細はこちら
http://k.d.combzmail.jp/t/2732/a057l4w0aibucdlx3a
━━━━━━━━━━━━━━━━━[エキスパーツリンクからのお知らせ]━

◆◇今週のCONTENTS◆◇
1.[IFRS]出た!IFRSの退職給付
2.[IFRS]公正価値ヒエラルキーとは?
3.[IFRS]IFRSは1~3年程度導入延期!?
4.[時事]インネクストの粉飾も凄まじいですね
5.[税務]宮城県の法人県民税・事業税の災害減免条例化
6.[編集後記]

===================================
1.[IFRS]出た!IFRSの退職給付
===================================
IASBは2011年6月16日、年金その他の退職後給付に関する会計を改善するプ
ロジェクトの完了を報告しました。現行のIAS9号が改正されることになりま
す。

http://k.d.combzmail.jp/t/2732/a057m4w0aibucdlx3a

重要な点は、

・数理計算上の遅延認識は認められません。いわゆる回廊方式(コリドー・ア
プローチ)は廃止されました。
・数理計算上の差異はその他包括利益で認識されます。
・勤務費用及び純利息費用(収益)は純損益で認識されます。
・純利息費用(収益)は、確定給付債務から制度資産を控除したネットの金額
に、確定給付債務を求める際に用いた割引率を乗じて計算されます。
・期待運用収益という概念はなくなります。

純損益に計上されるのは勤務費用と純利息費用(収益)のみということになりま
す。一方、J-GAAPの公開草案では、勤務費用、利息費用、期待運用収益、数理
計算上の差異の償却、過去勤務費用の償却が純損益で計上されますので、ここ
が違ってきます。

2013年1月1日以降開始事業年度から発効します。

会計コンサルティングはこちら
http://k.d.combzmail.jp/t/2732/a057n4w0aibucdlx3a

===================================
2.[IFRS]公正価値ヒエラルキーとは?
===================================
2011年5月12日、IASBは、IFRS第13号「公正価値測定」を公表しています。
各IFRSで求められる「公正価値」の測定に当たり、次のすべてを行わなければな
りません。
(a)測定の対象となる特定の資産又は負債を決定します(会計単位と整合させな
ければなりません)。
(b)測定の対象が非金融資産である場合、測定に最も適切な価値算定の前提を
決定します(最高かつ最善の利用と整合させなければなりません)。
(c)測定の対象となる資産又は負債に関する主要な(又は最も有利な)市場を決
定します。
(d)測定に最も適切な評価技法を決定します(インプットを得るためのデータの
入手可能性と、公正価値ヒエラルキーにおいてそのインプットが分類されるレ
ベルを考慮しなければならない)。

とされているわけです。

この評価技法へのインプットについては、三つのレベルに分類され、

レベル1のインプットに最も高い優先順位
レベル3のインプットに最も低い優先順位

を与えています。

(レベル1)
企業が測定日においてアクセス可能な、同一の資産又は負債に関する活発な市
場における(無修正の)市場価格をいいます。

(レベル2)
レベル1に含まれる市場価格以外のインプットのうち、資産又は負債に関して直
接的又は間接的に観察可能なものをいいます。類似の資産負債に関する市場価
格等が該当します。

(レベル3)
資産又は負債に関する観察不能なインプットをいいます。

これらの公正価値測定にあたり用いた評価技法やインプット、重大なレベル3の
インプットが当期の純損益又はその他の包括利益に与える影響は、開示しなけれ
ばなりません。

まあ、この流れ自体はJ-GAAPも同じような形かと思いますが、より明示されてい
る感じですね。

会計コンサルティングはこちら
http://k.d.combzmail.jp/t/2732/a057o4w0aibucdlx3a

===================================
3.[IFRS]IFRSは1~3年程度導入延期?
===================================
2011年6月20日の日経新聞に金融庁がIFRSの日本企業への導入を延期する方
向で検討する、との記事がでました。

http://k.d.combzmail.jp/t/2732/a057p4w0aibucdlx3a

大震災により経費の増大に耐えられないという理由によるIFRS延期論が製造業
を中心に広がっているとのことです。

しかし、コンバージェンスは進みますからね。IFRS「的な」J-GAAPによる財務
諸表だけが開示されるのであれば、また、なんとなく「日本異質論」のような
話になりそうで、いっそのこと導入に踏み切ってもよいように思いますがいか
がでしょうか。

会計コンサルティングはこちら
http://k.d.combzmail.jp/t/2732/a057q4w0aibucdlx3a

===================================
4.[時事]インネクストの粉飾も凄まじいですね
===================================
札幌証券取引所アンビシャス上場の株式会社インネクストの粉飾が明らかにな
りました。

http://k.d.combzmail.jp/t/2732/a057r4w0aibucdlx3a

同社は2007年2月にアンビシャスに上場していますが、粉飾は2007年6月期か
らとのことです。

2007年6月期の売上の前倒しは2008年6月期には解消しているようですが、そ
の後は「架空売上」が積みあがっていってしまったようです。

なんか数値が読みづらいですよね。「架空売上」と「架空原価」の差額が必ず
しも「粉飾利益」に一致しません。

原価の圧縮と循環売上とのことです。後を絶たないですね。このような事例。
エフオーアイも公認会計士や監査役が提訴されました。

http://k.d.combzmail.jp/t/2732/a057s4w0aibucdlx3a

こちらも注目です。エフオーアイは確認状を周到に偽造していたようですから、
どこまで監査の責任が問われるのか。

会計コンサルティングはこちら
http://k.d.combzmail.jp/t/2732/a057t4w0aibucdlx3a

===================================
5.[税務]宮城県の法人県民税・事業税の災害減免条例化
===================================
宮城県では5月定例県議会(5月31日~6月20日)に「県税減免条例の一部を改
正する条例案」が提出され、6月20日に原案が可決されているようです。

以下、税務通信 No.3168から抜粋です。

「津波被害が甚大であるとして指定された公示区域内に事務所等がある法人は、
県民税の均等割が免除され、震災による損失の金額が資本金額の2分の1以上に
なる場合には、県民税法人税割額と法人事業税額の10%が減免される。」

「東京など宮城県以外の都道府県に本社がある分割法人でも、宮城県内の公示
区域内にだけに事務所等を有しているときに均等割が免除される。県民税法人
税割と事業税については、宮城県への申告納税分が10%減額されることになる。」

「条例では、平成23年3月11日から26年3月10日までに終了する事業年度が対
象とされており、県に免除又は減免の申請書を提出することで、減額又は還
付が受けられることになる。」

詳細は税務通信をご覧ください。

具体的な手続きについては、宮城県のHPでも、後日改めてお知らせします、と
されています。

この三月決算の会社さんでも適用できるわけです。もう申告してしまった会社
さんも多いでしょうけど、どうなるのか。具体的手続を待ちましょう。

この他にも減免を検討している自治体も多いようです。仙台市でも改正が検討
されているようですのでご注意を!

会計コンサルティングはこちら
http://k.d.combzmail.jp/t/2732/a057u4w0aibucdlx3a

===================================
5.[編集後記]
===================================
この欄だけ読んでくださっている方も多いと思います(笑)。それでももちろん
構わないのですが、経理に何らかの関わりをお持ちの方には、是非、読んでお
いていただきたい記事がありますので、注目記事がある場合はなるべくこの欄
で記載しようかと思います。
今回は4です。宮城県の均等割、法人税割、事業税も減免される可能性があり
ますので、お見逃しなく!
さて、うさぎのココですが、相変わらず元気いっぱいです。ケージの外にも出
してあげるのですが、フローリングの床は苦手のようで、敷物をしいた範囲で
動きまわることが多かったのですが、最近はフローリング地帯にもバンバン進
出しています。ぎこちないのですが。悲しいのは、壁や家具をかじりだしたこ
とです。ある程度想定はしていましたが、実際やられるとやはりショックです。
補修グッズ買おうかと思います。

━[貴社の問題解決に決算・開示アウトソーシング]━━━━━━━━━━━━
毎回、深夜残業して、土日もつぶしてやっているのに、いつも開示は遅れ気味
で監査の指摘も多い。ただ人員はもう増やせない。
決算・開示を切り盛りしていた人間が突然ダウンしてしまった。

こんなとき、エキスパーツリンクのアウトソーシングなら人員を増やすよりも
安価に体制の補強を図ることが出来ます。公認会計士が行いますので監査の通
りもいいというご評価もいただいています。

お問い合わせはこちらから
E-MAIL 
━━━━━━━━━━━━[貴社の問題解決に決算・開示アウトソーシング]━

━[エキスパーツ税理士法人からのお知らせ]━━━━━━━━━━━━━━━
■『らくらく会社設立』で簡単、安心の起業!
───────────────────────────────────
エキスパーツ税理士法人では、起業家の皆さまのための創業・独立支援
『らくらく会社設立』
をスタートします。

税理士・公認会計士が直接面談、アドバイスを行い、設立費用は、登記費用等
込で248,000円均一(内、報酬は46,000円)。また、税務顧問契約もご締結いた
だける場合は、報酬一か月分を無料とさせていただきます!

詳しくはこちら
http://k.d.combzmail.jp/t/2732/a057v4w0aibucdlx3a

読者の皆さまで会社設立をお考えの方は、是非ご検討ください。また、お知り
合い等で会社設立をお考えの方がいらっしゃいましたら是非ご紹介くださいま
せ。
━━━━━━━━━━━━━━[エキスパーツ税理士法人からのお知らせ]━━

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
*発行人: エキスパーツリンク
 公認会計士・税理士・公認内部監査人(CIA) 紺野良一
*URL: http://k.d.combzmail.jp/t/2732/a057w4w0aibucdlx3a
 →決算・開示サポート、内部統制、会計に強い税理士をお求めならこちら
*ブログ:http://k.d.combzmail.jp/t/2732/a057x4w0aibucdlx3a
*会社設立をお考えなら: http://k.d.combzmail.jp/t/2732/a057y4w0aibucdlx3a
*E-mail:
 →不動産鑑定士さんもご紹介しています。賃貸等不動産の時価等開示の準
  備、大丈夫ですか?
 →転送はご自由に!バンバン転送しちゃってください。
*解除はこちらから
 → http://k.d.combzmail.jp/t/2732/a057z4w0aibucdlx3a
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


税理士法人エキスパーツリンク > ニュース > accounting journalバックナンバー > 【Weekly accounting journal】vol.86