移転価格税制

移転価格税制への対処の必要性

移転価格税制とは、国外関連企業との間の取引価格の調整を通じて所得を日本国外に移転させることを防止するため、その取引価格を通常の取引価格(独立企業間価格)に引き直して課税する制度です。
一定規模以上の多国籍企業は移転価格3文書(国別報告書、マスターファイル、ローカルファイル)の作成が義務化され、それ以外の企業でも調査の際にこれらの文書を提出できない場合、課税当局による推定課税につながる可能性があります。
これらの文書の作成は一定の知見が求められます。このため、移転価格税制に通じた専門家を交えた対応策の推進が不可欠です。当法人では、ご要望に応じた移転価格文書作成の支援を行います。

移転価格簡易レビュー

これから移転価格課税の対応策を検討されている方向けに簡易レビューを行います。
られた時間の中での対応ですので、完全なものではありませんが、まずは現状を把握したい方向けになります。

移転価格簡易レビュー

移転価格文書化に向けた
移転価格ポリシーの構築支援

グループ間取引における移転価格に関するポリシーを構築する支援を行います。

  • 関係会社間取引の把握
  • 関連者間における売買価格の設定
  • 出向者、出張者の費用回収(寄附金課税の対象になる恐れがあります。)
  • 子会社に対する技術指導等、役務提供対価の回収など、インタビュー、資料閲覧、分析などを 通じて移転価格ポリシー構築を支援します。

移転価格文書作成支援

国別報告書、マスターファイル、ローカルファイルの作成を弊社が全面的に行う方法や、経済分析のみを行う方法、必要時にアドバイスを行う方法などが可能です。外資系企業の場合、グループで作成した移転価格文書があれば、日本向け文書の作成費用を削減できる可能性があります。

※提携事務所との共同作業となります。
信誠国際税理士法人

LINEで送る

税理士法人エキスパーツリンク > サービス > 移転価格税制